• ホーム
  • 映画
  • キスマイ藤ヶ谷太輔&窪田正孝ドラマ『MARS』映画化 壮大な物語の結末はスクリーンへ

キスマイ藤ヶ谷太輔&窪田正孝ドラマ『MARS』映画化 壮大な物語の結末はスクリーンへ

 Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と俳優の窪田正孝がW主演する今期の連続ドラマ『MARS〜ただ、君を愛してる〜』(日本テレビ系)が映画化されることが13日、わかった。現在放映中のドラマは3月27日に最終回を迎え、その後、劇場版が6月18日に公開される。壮大な物語の結末はスクリーンへ持ち越されるようだ。

 同作は、1996年〜2000年まで『別冊フレンド』(講談社)にて連載された漫画家・惣領冬実氏の『MARS』を原作に、1月24日より日本テレビ系にて実写ドラマ版が放映中。愛のために運命と戦う3人のピュアで残酷なラブストーリーとなり、光と影の二面性を持つ高校生・樫野零役の藤ヶ谷と、死んだ零の弟・聖の親友だった桐島牧生役の窪田がW主演している。

 メインキャスト、スタッフ、主題歌などはドラマと同じ。劇場版では、牧生の歪んだ愛情が、零とキラ、そして牧生自身の運命をも狂わせる最終章が幕を開ける。ドラマから続く壮大かつ衝撃の物語の結末は、スクリーンで描かれる。



オリコントピックス