• ホーム
  • 芸能
  • 宮沢りえ主演『グーグーだって猫である』続編、6月放送

宮沢りえ主演『グーグーだって猫である』続編、6月放送

 2014年10月にWOWOWで放送されたドラマの続編『連続ドラマW グーグーだって猫である2‐good good the fortune cat‐』が製作され、6月に放送予定であることが6日、わかった。少女漫画家・大島弓子氏が一匹の飼い猫の愛しい日々をつづった自伝的コミックエッセイを原作に、女優・宮沢りえ主演、犬童一心監督の演出で映像化。前作は第41回放送文化基金賞・テレビドラマ番組奨励賞、主演の宮沢が同演技賞を受賞するなどの評価を得た。

【写真】その他の写真を見る


 第2弾では、前作で描ききれなかった“グーグーとともに過ごした15年8ヶ月の間に起きた出来事”を、原作をもとにオリジナルストーリーとして作り上げる。脚本は映画『そこのみにて光輝く』で第88回キネマ旬報ベスト・テン日本映画脚本賞を受賞した高田亮氏が担当する。

 前作に引き続き、長塚圭史黒木華田中泯ら主要キャストが再集結。主人公・麻子(宮沢)と猫たちとの愛しい日々、編集者・大森(長塚)の結婚、アシスタント・ミナミ(黒木)の独立、消えたホームレス(田中)の行方などを全5話の中で描く。

 『連続ドラマW グーグーだって猫である2〜』は6月、毎週土曜午後10時に放送予定。



関連写真

  • 主人公・麻子役の宮沢りえ。連続ドラマ『グーグーだって猫である』続編製作決定、6月放送予定(C)WOWOW
  • 編集者・大森役の長塚圭史(C)WOWOW
  • アシスタント・ミナミ役の黒木華(C)WOWOW
  • 前作で麻子とグーグーを引き合わせたホームレス役の田中泯。連続ドラマ『グーグーだって猫である』続編製作決定、6月放送予定(C)WOWOW

オリコントピックス