• ホーム
  • 映画
  • 二階堂ふみ、念願の“金魚役”「感覚的に演じた」

二階堂ふみ、念願の“金魚役”「感覚的に演じた」

 女優の二階堂ふみが27日、都内で行われた映画『蜜のあわれ』(4月1日公開)試写イベントに出席。原作を高校生時代に読み、ヒロインの金魚の姿を持つ少女を演じたかったと明かし、「長年思い続けてきたことが実現してうれしい」と笑顔をみせた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、金魚の姿を持つ少女と老作家を描いた室生犀星氏の小説を映画化した文芸ファンタジー。ある時は少女、またある時は赤い金魚であるヒロインを二階堂、老作家を大杉漣が演じる。

 この日も二階堂は金魚をイメージさせる赤いドレスで登場。役柄は「感覚的に演じた」といい、石井岳龍監督は「本番前のテストのときから役が憑依(ひょうい)していた。もったいないから待ってくれって、私が止めるほどだった」と驚いていた。



関連写真

  • 赤い金魚をイメージした衣装で登壇した二階堂ふみ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)石井岳龍監督、二階堂ふみ、大杉漣 (C)ORICON NewS inc.
  • セクシーな役に挑戦した二階堂 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『蜜のあわれ』試写イベントに出席した大杉漣 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『蜜のあわれ』試写イベントに出席した(左から)石井岳龍監督、二階堂ふみ、大杉漣 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『蜜のあわれ』試写イベントに出席した石井岳龍監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス