• ホーム
  • 映画
  • 向井理、合戦撮影中の落馬がOKテイクに 小栗旬「大きなけがをしなくてよかった」

向井理、合戦撮影中の落馬がOKテイクに 小栗旬「大きなけがをしなくてよかった」

 俳優の小栗旬向井理らが23日、都内で行われた映画『信長協奏曲(コンツェルト)』の初日舞台あいさつに出席。劇中で小栗演じる織田信長の筆頭家臣・池田恒興役を演じた向井は「立ち回りとか、普段経験してないことや経験したくないこともありました」とこれまでの歩みを振り返りつつ、「馬から落ちる経験はなかなかないですからね」と合戦シーンでのハプニングを明かした。

 続けて「撮影で落馬は2回経験してるけど、2回ともこの作品」と苦笑いした向井だが、今作ではその落馬シーンもOKテイクとして使用されており「落ち甲斐がありました」と話し、笑わせた。

 落馬を目の当たりにしたという小栗も「大きなけがをしなくてよかったよね。結構な打ち身をしていたと思うけど」と大事には至らず安堵。思わぬハプニングに見舞われた向井だったが「馬が生き物ですから、跳ね上がっちゃってね。まぁでも結果的に楽しかったです」と、最後には笑みを浮かべていた。

 原作は『ゲッサン』(小学館)で連載中。2014年にテレビアニメ化&連ドラ化され、話題を集めた。主演の小栗は、戦国時代にタイムスリップしてしまった主人公のサブローと信長の一人二役を熱演する。

 舞台あいさつにはそのほか、柴咲コウ藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)、高嶋政宏山田孝之松山博昭監督が出席。シリーズ完結編が封切りとなり、小栗は「ホッとしました。2年近くみんなと過ごしていたのででき上がったときは、サブローの長い旅が終わったと思いましたね」と感慨深げに語っていた。



オリコントピックス