小泉孝太郎主演『警視庁ゼロ係』初回7.0%

 俳優の小泉孝太郎が主演するテレビ東京系ドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜』(毎週金曜 後8:00)が15日放送され、初回視聴率が7.0%だったことが明らかになった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 作家・富樫倫太郎氏の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社)を映像化する本作では、小泉が世間知らずの“究極のKY”刑事という、これまでのイメージを覆す役に挑戦。

 警視庁杉並中央署生活安全課に新しく設置された「なんでも相談室」は、“市民の声に迅速に対応するための新たな試みとして新設された”というふれ込みだが、その実態は問題を起こしたり、お払い箱になったりした人材の掃き溜め部署だった。そこへ、警察庁科学警察研究所からキャリア警視・小早川冬彦(小泉)が異動してくる。冬彦はキャリア組にも関わらず、世間知らずで超マイペースな男だった。そんな“究極のKY刑事”が、ゼロ係に集められた“問題児”たちと、さまざまな難事件を解決していく。

 キャスト陣には達者な役者たちがそろい、それぞれ特徴のあるキャラクターを好演。冬彦とバディを組まされる“男勝りで口の悪い”ベテラン女性刑事・寺田寅三役に松下由樹、ゼロ係のメンバーに安達祐実、木下隆行(TKO)、原田夏希、室長として大杉漣、杉並中央署の刑事役に手塚とおる、署長役に石丸謙二郎、居酒屋の店主に加藤茶、謎の情報屋に寺島進などが出演している。



オリコントピックス