• ホーム
  • 芸能
  • 16年1月期ドラマはオリジナル脚本に注目 期待度ランキング

16年1月期ドラマはオリジナル脚本に注目 期待度ランキング

 1月期ドラマ期待度1位は、TBS系『わたしを離さないで』と、テレビ朝日系『スペシャリスト』の2作。『スペシャリスト』は過去4度にわたり2時間スペシャルが放送されており、すでに強いファンを持つ作品だ。このほか、今期は原作が連載中で最終話を迎えていない作品の連ドラ化も多く、オリジナル脚本の展開に期待が寄せられている。

 F1層の支持が厚かった『わたしを離さないで』(TBS系)と、F2、F3層からの人気を集めた『スペシャリスト』(テレビ朝日系)の2作がプライム帯1位に。3位の『いつかこの恋を〜』(フジテレビ系)は、10代男女の世代別部門で1位だった。

 深夜帯1位『スミカスミレ』(テレビ朝日系)の男女比は49:51。他作品に比べて男性の支持が高く、桐谷美玲が45歳若返ったという難しい設定をどう表現するのかという演技面に期待を寄せる声が多かった。

 なお、1月期は『スペシャリスト』や『ヒガンバナ〜』(日本テレビ系)、『東京センチメンタル』(テレビ東京系)など、スペシャルドラマの連ドラ化が多い。また『フラジャイル』(フジテレビ系)、『ダメな私に〜』(TBS系)、『スミカ〜』などは原作が最終話を迎えておらず、物語の結末も注目されている。オリジナル脚本の展開にも期待したい。

調査概要
■期間:15年12月10日(木)〜12月18日(金)
■地域:47都道府県
■対象:10代〜50代の男女計1364名
■方法:インターネット調査

(コンフィデンス 16年1月11日号掲載)



関連写真

  • 16年1月期ドラマ期待度ランキング、1位の『わたしを離さないで』(TBS系)。主演の綾瀬はるかには、「出演作にハズレがない(20代女性/高知)」、「出演ごとに印象が変わる(30代女性/大阪)」などの声が寄せられた
  • 16年1月期ドラマ 期待度ランキング※オリコンドラマバリューの調査結果をもとにランキング化した

オリコントピックス