• ホーム
  • 芸能
  • 今秋NHK朝ドラ『べっぴんさん』に決定 脚本は羽鳥アナの妻・渡辺千穂氏

今秋NHK朝ドラ『べっぴんさん』に決定 脚本は羽鳥アナの妻・渡辺千穂氏

 NHK大阪放送局は13日、今年度後期の朝の連続テレビ小説第95作目が『べっぴんさん』(月〜土 前8:00 総合ほか)に決まったと発表した。脚本は、フリーアナウンサー・羽鳥慎一氏の妻で、ドラマ『名前をなくした女神』『サキ』『ファースト・クラス』など、家族、青春、恋愛、悪女ものなど幅広いジャンルを執筆する渡辺千穂氏が務める。

【写真】その他の写真を見る


 ヒロインは、昭和のはじめ、神戸の山の手で生まれ、早くに亡くなった母から教えられた刺繍(ししゅう)や手芸が大好きな、すみれ。会社を経営していた父、活発な姉のもとで何不自由なく育ち、18歳でお見合い結婚、ほどなく娘を授かるなど、順風満帆に思われたが、戦争ですべてが一変。戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう姿を描く。

 今作は実在の人物をモデルとするが“激動の時代を生きた女性たちの人生の物語”として再構成。渡辺氏は「すみれたちが戦争で失ったものの大きさは計り知れません。ですが、その時代を生きたからこそ、生まれたものもあります」。

 「強くならざるを得なかった時代に、自分たちの価値観を曲げずにしなやかに生きたヒロインたち。彼女たちの人生を原稿に重ねるとともに、初めての経験を通しての自分の心の変化に耳を傾けながら、私も人生を重ねてゆきたい。そんな思いで駆け抜けたいと思っています」と語っている。

 また、タイトルの『べっぴん』については「今日では“美しい女性”を表す意味で用いられていますが、江戸時代には“別品”と記し、“特別によい品物”を表す言葉。今回、ヒロインが真摯に作り上げる子供服は、それを着せる母親、着る子供にとって、この上ない愛情に包まれた“別品”にほかなりません。また、生き方の美しいヒロインの姿はまさに『べっぴん』です。そんな思いを『べっぴんさん』というタイトルに込めました」としている。

 放送は10月3日から来年4月1日(全151回予定)。クランクインは5月予定。

■渡辺千穂氏(わたなべ ちほ)
東京都生まれ。2002年連続ドラマ『天体観測』で脚本家デビュー。家族、青春、恋愛、悪女ものなど幅広いジャンルを執筆。主なテレビ作品に『名前をなくした女神』『サキ』『ファースト・クラス』など。主な映画作品に『赤い糸』『さよならみどりちゃん』『レインツリーの国』『植物図鑑』(2016年公開予定)など。NHKでは松山発地域ドラマ『歩く、歩く、歩く〜四国遍路道〜』プレミアムドラマ『珈琲屋の人々』などがある。



関連写真

  • 今秋NHK朝ドラ『べっぴんさん』の脚本を務める渡辺千穂氏 (C)NHK
  • 今秋NHK朝ドラ『べっぴんさん』の脚本を務める渡辺千穂氏 (C)NHK
  • (左から)制作統括の三鬼一希チーフプロデューサー、脚本家・渡辺千穂氏(C)NHK

オリコントピックス