• ホーム
  • 芸能
  • 田中要次、“猫萌えドラマ”撮影中も子猫にメロメロ

田中要次、“猫萌えドラマ”撮影中も子猫にメロメロ

 俳優の田中要次が、ひたすら猫を愛でまくるBSジャパンの『猫とコワモテ』(1月2日 後11:00〜深0:00)の撮影が始まった。猫の動きは予想がつかないため、台本も複数パターンが用意されており、なかなか人間たちの思い通りにいかないものの、実生活で猫を3匹飼っている田中が抜群のアドリブが冴え、順調に撮り進んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 番組は、家族に飼い犬の世話を押しつけられている超コワモテのおっさん・犬飼健三(いぬかい・けんぞう)が、日本各地に実在する愛くるしい猫たちをただ愛でるだけの、異色の癒し系“猫萌えドラマ”。

 この日の現場は、東京・池袋のとあるペットショップと、谷中。子猫を抱っこした時の犬飼にふんした田中のうれしげな顔は、演技なのか、素の自分なのか。撮影の合間には、自身のスマホを取り出して猫グッズを撮ったり、店のスタッフと猫の話で盛り上がっていた。

 田中は「基本的にほとんどしゃべらない役で、表情と動きで気持ちを表現しなくてはいけないので、それはそれで難しいですね。最初はせりふがなくて楽だ〜と思っていたんですけど」と苦笑。「訪ねるお店は実際にあるお店なので、ドラマとドキュメンタリーの間をうまいこといきたい」と話していた。

 果たして、どんなドラマに仕上がるのか。田中は「僕のフェティシズム的な部分はまだそんなに出ていないんですけど(笑)。禁断さがあるともっと盛り上がると思います(笑)。連ドラ化したらそういう部分も見えてくるんじゃないですかね。連ドラ化するといいですね。だから全部見せすぎてもいけないんでしょうね、お話の世界観を」とレギュラー化もバッチリ視野に入っている様子。

 「この番組を通して、猫を見ることがとても楽しくなる、クセになる、そんなドラマになるといいなと思っています。そう思っていただけるように、残りの撮影も頑張ります!」と笑顔を見せていた。

 太田勇監督(テレビ東京制作局)は「猫がかわいいのはもちろんですが、かわいい猫を愛でる犬飼さんもかわいく見える、そんなドラマを目指しています。動物相手の撮影なので上手くいかないことだらけですが、ハプニングもドラマに取り入れていって、今世の中にあるペット番組とは違う新たなジャンルを作れる」と手応えを語っていた。



関連写真

  • 1月2日放送、BSジャパン『猫とコワモテ』主役はかわいい猫と田中要次(C)BSジャパン
  • ペットショップでスコテッシュフォールドの子猫にメロメロ(C)BSジャパン
  • 谷中の撮影の合間に自分のスマホで猫グッズを撮る田中要次(C)BSジャパン
  • 1月2日放送、BSジャパン『猫とコワモテ』かわいい猫がたくさん登場(C)BSジャパン
  • 1月2日放送、BSジャパン『猫とコワモテ』かわいい猫がたくさん登場(C)BSジャパン
  • 1月2日放送、BSジャパン『猫とコワモテ』猫を探して谷中を歩きまわる犬飼(田中要次)(C)BSジャパン

オリコントピックス