• ホーム
  • 映画
  • 広末涼子、娘役の手紙に感激 目潤ませ「お姉ちゃんになったんだね」

広末涼子、娘役の手紙に感激 目潤ませ「お姉ちゃんになったんだね」

 女優の広末涼子が8日、都内で行われた映画『はなちゃんのみそ汁』ジャパンプレミア舞台あいさつに登壇。同作で、娘役を演じた赤松えみなからサプライズで手紙をプレゼントされて瞳を潤ませた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、乳がんと闘う千恵さん(広末)が命の危機がありながらも出産した愛娘・はなさん(赤松)と、夫・信吾さん(滝藤賢一)との日々を基にしたノンフィクション。手紙をうしろに隠しながら登場した赤松は「千恵ママ、信吾パパへ 2人とこの映画に出ることができて本当に楽しかったよ」と2人への手紙を読み始めた。

 しっとりとした音楽が流れる中、赤松は「撮影の時はまだ4歳だったから、眠いとか寒いとかいっぱいわがまま言ってごめんね。でも、ママがいっぱい心配してくれたって聞いたよ。千恵ママ本当にありがとう」と母親役の広末へ感謝。続けて「信吾パパは、撮影の合間に携帯でいっぱい動画を見せてくれたね。楽しかったよ。」と気持ちを精いっぱいに伝えた。

 手紙を聞き終えた2人は、赤松の成長ぶりを感じて思わずウルウル。広末は「バックミュージックにやられてる感がありますね」と感激した様子で話し「こんなに静かな彼女(赤松)は初めてですね。普段の芝居より(きょうの)芝居の方がうまいんじゃないかって思った。5歳になったから、お姉ちゃんになったんだね」と赤松の頭を優しくなでていた。

 舞台あいさつにはそのほか、阿久根知昭監督も登壇。19日よりテアトル新宿と福岡県内で先行上映がスタートし、来年1月9日より全国拡大公開される。



関連写真

  • 広末涼子の娘役を務めた赤松えみなちゃん(右) (C)ORICON NewS inc.
  • サプライズの手紙に目が潤む… (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)滝藤賢一、赤松えみな、広末涼子、阿久根知昭監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『はなちゃんのみそ汁』ジャパンプレミア舞台あいさつに出席した滝藤賢一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『はなちゃんのみそ汁』ジャパンプレミア舞台あいさつに出席した広末涼子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス