• ホーム
  • 映画
  • 綾瀬はるか、岡田准一と初共演 映画『海賊とよばれた男』で“大河主演”夫婦に

綾瀬はるか、岡田准一と初共演 映画『海賊とよばれた男』で“大河主演”夫婦に

 女優の綾瀬はるか(30)が、百田尚樹氏のベストセラー小説をV6岡田准一主演で映画化する『海賊とよばわれた男』(2016年冬公開)に出演することが決まった。28日、都内スタジオで行われた製作報告会見で追加キャストが発表された。NHK大河ドラマ『八重の桜』(13年)から『軍師官兵衛』(14年)へとバトンを繋いだ2人が、初共演で夫婦を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、国岡商店の創業者で、国内外の圧力に屈せず石油事業を通して日本人の誇りを追求する情熱を持ち続け、自らを支える仲間たちとの絆を何よりも大事にした熱き男・国岡鐡造の一生を描く。

 監督は、同じく百田氏原作の映画『永遠の0』で岡田を2015年日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞に導き、自らも最優秀監督賞を受賞した山崎貴氏。空襲により廃墟と化した東京や、イランへと向かう大型タンカー・日承丸の勇姿など、VFXを多用した精巧な映像にも期待が高まる。

 岡田が明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、“海賊”と呼ばれた青年期から、数々の困難を乗り越え“侍”と恐れられた老年期までを演じる。山崎監督作品に初参加する綾瀬は、鐡造を生涯想い続けながらも離れ離れになった妻ユキを演じる。

 綾瀬は「短い間ですが、鐡造を影ながら支えていく妻の役どころです。味わい深いセットも楽しんでください」とコメントし、「監督と皆さんが仲良くて、男気ある作品になるんだなと確信しました」と現場の雰囲気を伝えていた。

 そのほか、鐡造を支える店員役として東雲忠司を吉岡秀隆、長谷部吉雄を染谷将太、柏井耕一を野間口徹、武知甲太郎を鈴木亮平、藤本壮平をピエール瀧、鐡造の兄・国岡万亀男を光石研、日承丸の船長・盛田辰郎を堤真一、木田章太郎を近藤正臣、鳥川卓巳を國村隼、甲賀治作を小林薫が演じる。

 山崎監督は、岡田、吉岡、染谷と過去の監督作(『永遠の0』『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ、『寄生獣』)で主演した3人が集結したことに「山崎組アベンジャーズみたい。心強い味方を得て、仕事をしてみたい人も集まった」と満足げだった。



関連写真

  • 綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.
  • 『海賊とよばれた男』制作報告会見に出席した(前列左から)綾瀬はるか、吉岡秀隆、小林薫(後列左から)山崎貴監督、鈴木亮平、染谷将太、ピエール瀧、野間口徹 (C)ORICON NewS inc.
  • 『海賊とよばれた男』制作報告会見に出席した吉岡秀隆 (C)ORICON NewS inc.
  • 『海賊とよばれた男』制作報告会見に出席した染谷将太 (C)ORICON NewS inc.
  • 『海賊とよばれた男』制作報告会見に出席した小林薫 (C)ORICON NewS inc.
  • 『海賊とよばれた男』制作報告会見に出席した鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『海賊とよばれた男』制作報告会見に出席した野間口徹 (C)ORICON NewS inc.
  • 『海賊とよばれた男』制作報告会見に出席したピエール瀧 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス