• ホーム
  • 映画
  • 長瀬智也&神木隆之介、劇中バンド“ヘルズ”でCDデビュー 野村義男も映画ゲスト出演

長瀬智也&神木隆之介、劇中バンド“ヘルズ”でCDデビュー 野村義男も映画ゲスト出演

 宮藤官九郎監督最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(2016年2月6日公開)の劇中バンド“地獄図(ヘルズ)”が映画を飛び出してCDデビューすることが25日、わかった。ボーカル&ギターを長瀬智也、ギターを神木隆之介、ベースを清野菜名、ドラムを桐谷健太が担当。ギター初心者で長瀬の指導を受けたという神木は「最初は不安もあったのですが、楽しく練習することができました」。長瀬は「レコーディングは、4人でゲラゲラ笑いながら真剣にやりました。ロックフェスに地獄図として鬼の扮装で出たりしたら、ギターキッズやロックキッズも盛り上がりそう!」と新たな野望も打ち上げた。

 同作は、地獄で絶大な人気を博す地獄専属ロックバンド・地獄図がメインになる地獄コメディ。劇中ではキャスト4人が楽器を手に数々の楽曲を演奏しているが、彼らが歌う映画主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」(作詞:宮藤官九郎、作曲:元THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONO)ほか劇中曲を収録したサウンドトラック『TOO YOUNG TO DIE!地獄の歌地獄』が、映画公開に先がけ2月3日に発売されることが決定した。

 劇中バンドでのデビューが決定した長瀬は「僕が演じるキラーKのボーカルは、ロックなハイトーンボイス。グルーヴと役柄の気持ちを意識して、思いっきり歌いました。映画の中の架空のバンドですが、ぜひ、地獄図というバンドの音楽として聴いてもらえたら嬉しいです。ロックの楽しさと笑えるところ、音楽が生まれる理由なども描かれている作品なので、CDを聴いてからこの映画を観たら、さらにグッと入り込めるんじゃないかと思います」とコメントしている。

 また、映画本編のゲストとして、char、野村義男、マーティ・フリードマン、ROLLY、快速東京、木村充輝ら豪華ミュージシャンの出演も発表された。加えて、プロレス界から関本大介、お笑い界からゴンゾー、ジャスティス岩倉の参戦も決定。日本のエンターテインメント界を牽引するクドカンの完全オリジナル新作は、かつてない異色の音楽エンターテインメント映画への仕上がりを予感させる。

 なお本日25日、長瀬が熱唱する主題歌入り本予告映像も映画公式サイトで公開された。



オリコントピックス