• ホーム
  • 芸能
  • 佐藤隆太、DV夫と中国人密航者の一人二役「役者として責任を全うする」

佐藤隆太、DV夫と中国人密航者の一人二役「役者として責任を全うする」

 俳優の佐藤隆太が、1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『ナオミとカナコ』(毎週木曜 後10:00)で、ひょんな事で豹変してしまうDV(ドメスティックバイオレンス)夫と中国人密航者の一人二役で出演することがわかった。

 同ドラマは、直木賞作家・奥田英朗氏の同名小説(幻冬舎)が原作。百貨店の外商部で働く勝気なキャリア・ウーマンの主人公・小田直美と夫のひどい暴力に耐える専業主婦の服部加奈子が、DV夫を排除すべく、タッグを組む物語。直美役に広末涼子、加奈子役内田有紀の出演が決まっている。

 佐藤が演じるのは、外面の良いエリート銀行員だが、加奈子に暴力をふるい続ける夫・服部達郎役と、達郎にうり二つの中国人密航者・林竜輝(りん・りゅうき)の二役。達郎と竜輝がそっくりである、ということがこのドラマの大きなポイントとなる。「二人のキーパーソンを演じられるという事が光栄ですし、とても楽しみです!」という佐藤だが、「内田有紀さんに役とはいえ、手を挙げるなどという、僕にとってこれ以上ない大罪が現場で待っていると思うと恐ろしくて足がすくみます」と複雑な思いも吐露。「そこは役者として責任を全うできるように頑張ります」と意気込んでいる。

 加奈子の義姉で、弟の達郎の失踪に疑問を持ち、直美たちを追い詰めていくことになる服部陽子役に吉田羊。直美たちに多大な影響を与えていく中国人・李朱美(り・あけみ)役に高畑淳子の出演が決まった。朱美は、直美が勤める百貨店の顧客用販売会で高級腕時計を堂々と盗み、問い詰められても平気で居直る中国食品輸入会社の女社長だ。

 吉田は「“女”という生き物を、さまざまな角度で描いた作品で非常に面白く、この世界を演じられるのが今から楽しみです。正義でありながら視聴者に疎まれる役。今までにない難役に心躍ります」とコメントを寄せている。



関連写真

  • 1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『ナオミとカナコ』で一人二役を演じる佐藤隆太
  • 1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『ナオミとカナコ』に出演する吉田羊
  • 1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『ナオミとカナコ』に出演する高畑淳子

オリコントピックス