• ホーム
  • 芸能
  • 綾瀬はるか×三浦春馬×水川あさみ共演『わたしを離さないで』連ドラ化

綾瀬はるか×三浦春馬×水川あさみ共演『わたしを離さないで』連ドラ化

 女優の綾瀬はるか三浦春馬水川あさみの出演で、日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の『わたしを離さないで』が連続ドラマ化されることが18日、わかった。1月よりTBS系金曜ドラマ枠(毎週金曜 後10:00)で放送される。

 同作は、2005年の発表直後から話題になり、英国でミリオンセラーとなった作品。10年に英国で映画化され、『17歳の肖像』で米アカデミー主演女優賞にノミネートされたキャリー・マリガン、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『つぐない』のキーラ・ナイトレイ、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでスパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールドが出演して世界的にヒットした。14年には日本の蜷川幸雄氏の演出で舞台化もされている。

 ドラマでは、舞台を原作のイギリスから日本に置き換えて物語を展開する。世間から隔離された施設・陽光学苑で「良質な」教育を与えられ、育てられてきた恭子、友彦、美和。子どもらしい生活、子どもらしい教育を享受し、「普通の子ども」であったはずの彼らはある日、生まれながらにある使命を与えられた「特別な子ども」であり、自分たちの「本当の運命」を知らされる。彼らに課された使命とは? 学苑に隠された秘密とは? やがて、大人になった3人は「生きる意味」を模索しながら、過酷な運命を懸命に生きていく。

 綾瀬は、人望も厚く非常に優しく素直な少女だったが、大人になった今、疲れとあきらめに満ちた保科恭子を演じる。「恭子はシリアスな役どころで、私自身もとても楽しみ」にしているという綾瀬は「スタッフ、キャストのみなさんと力を合わせて、見応えのあるドラマにしたい」と気合十分。

 三浦が演じる土井友彦は、一途な性格ゆえに馬鹿にされ、いじめられるが、それでも希望を持ち続けるまっすぐな青年。綾瀬とは初共演となる三浦は「原作を読み終えたとき、“生きることは常に欲求だ”と伝えられた気がしました。そしてその欲求は、残酷で生々しく、とても美しいことだと僕は感じました。そんな世界観を共演者、スタッフの皆さんと支え合いながら作っていきたい」とコメントを寄せた。

 勝ち気で他人を支配下に置きたがり、誰よりも強く愛を求める酒井美和を演じる水川も「このドラマは、いまこの時代に当てはまる普遍的なストーリーだと思います。きれいごとではなく命の尊さや、未来のために今日を生きる意味、大切なテーマが詰まった、しっかりと皆さんの心に届くドラマにしたい」と意気込んでいる。

 脚本は綾瀬が出演した同局のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』や『JIN-仁-』、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』などを手がけた森下佳子氏が担当。詩情豊かな原作の世界観を壊さずに、「特別な子ども」が背負う運命の衝撃、そこから生まれる絶望と希望、愛情と友情を描きながら「生まれてきた意味・生きる意味」を問いかける。

■原作者「新しい部分を発見して、光を当てて」と期待

 原作者のイシグロ氏は、長崎県で生まれ、幼い頃に英国に渡り、1983年に英国籍を取得。79年ごろから執筆活動を始め、82年に長編『A Pale View of Hills(遠い山なみの光)』で英国文壇デビュー。89年に発表した『The Remains of the Day(日の名残り)』で世界的に権威のある文学賞の一つ、英国のブッカー賞を受賞し、国際的に高い評価を得る。

 イシグロ氏は「この物語が私の生まれた国で、新しくより広い範囲の視聴者に楽しんでいただけるということで深い満足感を覚えます。ドラマという形式がどのような新しい要素を原作から引き出してくれるのか、大変興味があります」とコメント。連ドラ化について「最初の5話の脚本を読みましたが、物語の中でこれまで光の当たっていなかった部分、奇妙で興味をそそるような角やくぼみ、気づいていたけれども開けたことのなかったドアを開けて新しい部屋をまるまる見つけるような、原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます」と太鼓判を押している。



関連写真

  • 綾瀬はるか(中央)、三浦春馬(左)、水川あさみ(右)が出演。小説『わたしを離さないで』TBS系金曜ドラマ枠でドラマ化
  • 日系英国人のカズオ・イシグロ氏(C) Hiroshi Hayakawa

オリコントピックス