• ホーム
  • 芸能
  • 桐谷美玲、中身は 65歳の異色ヒロインに“合格” 『スミカスミレ』連ドラ化

桐谷美玲、中身は 65歳の異色ヒロインに“合格” 『スミカスミレ』連ドラ化

 女優の桐谷美玲(25)が、1月期スタートのテレビ朝日系連続ドラマ『スミカスミレ』(毎週金曜 後11:15※一部地域を除く)に主演することが18日、わかった。少女漫画原作の主演映画『ヒロイン失格』が興行収入23億円超えのヒットを飛ばす中、1月からの連ドラも『Cocohana』(集英社)で高梨みつば氏が連載する少女漫画が原作。「桐谷美玲史上、最高にピュアで一生懸命な女性だと感じていただけるよう、頑張って演じたいです!!」と張り切っている。

【写真】その他の写真を見る


 桐谷が同局のドラマ作品に主演するのは、連ドラ初主演作『女帝 薫子』(2010年4〜6月放送)以来、6年ぶり。本作は、彼氏いない歴65年のヒロインが “誰にも言えない秘密”を抱えながらも、究極の初恋に、青春に、人生のやり直しに挑むファンタジーラブストーリーで、桐谷はある日突然、20歳の如月すみれとして若返る65歳の如月澄を演じる。

 「自分が65歳になるなんて、これまで想像したこともありませんでした!」と桐谷。体は20歳でも、中身は 65歳という異色のヒロインを演じるにあたり、「65歳の感覚で話している時にポロッと出てくる言葉や文化を勉強するなど、今回はこれまで多かった等身大の役以上に準備することがありそうです。今は撮影に向けて口調や声のトーン、その年代の方々の口癖を探っている最中。母親や祖母など、身近にいる年上の女性を観察しながら、研究していきたい」と役作りに余念がない。

 「一個人としての感覚や性格も、私自身とは違う役どころなんです。初挑戦の要素が多く、今はまだ不安も大きい反面、どんな新しい表現ができるのか楽しみです」と意気込んでいる。

 ドラマでは、原作ない新キャラクターなどの独自の要素も加えながらストーリーを展開。澄がたった一人の身内である母を亡くし、人生をやり直したいと願うところからスタートし、突然、家の屏風から飛び出して人の姿になった化け猫・黎(れい)の謎めいた力によって、20歳の姿へと生まれ変わる。行きたくても行けなかった憧れの大学での生活、同じゼミの好青年・真白勇征との恋…、すみれという新たな名とともに、彼女は青春をやり直していく。

 本作の主人公・すみれ=澄のように「人生をやり直したいと思ったことはまだない」という桐谷だが、「高校時代から仕事をしていた関係で、『青春してますっ!』みたいな感じを味わい切れなかったので(笑)、今回はすみれ(澄)と一緒に思いっきり青春を楽しみたい」と期待をふくらませている。



関連写真

  • 桐谷美玲が見た目20歳、中身65歳のヒロインに! 少女漫画『スミカスミレ』テレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠でドラマ化。1月より放送開始(C)テレビ朝日 (C)高梨みつば/集英社
  • 6年ぶりにテレ朝のドラマに主演する(C)テレビ朝日 
  • 原作漫画『スミカスミレ』の一コマ(高梨みつば/集英社『Cocohana』連載)
  • 原作『スミカスミレ』コミックス1巻の書影(高梨みつば/集英社『Cocohana』連載)

オリコントピックス