• ホーム
  • 映画
  • 西島秀俊『MOZU』完結に感慨 長谷川博己“生チャオ”には興奮

西島秀俊『MOZU』完結に感慨 長谷川博己“生チャオ”には興奮

 俳優の西島秀俊が18日、都内で行われた『劇場版 MOZU』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席。2年間にわたり、同シリーズの主演を務めてきた西島は、劇場版でのシリーズ完結に感慨深げだった。

【写真】その他の写真を見る


 大勢のMOZUファンを前に「観客の方に育てていただいた作品。僕たちは皆さんに楽しんでいただけたらと思ってやってきたけど、それ以上に観てくださって、育ててくれたおかげ」と感謝した西島は「自分にとってもキャスト、スタッフにとっても充実した作品になった」と胸を張った。

 続けて「これで舞台あいさつは最後になるけど、今後も何度も何度も観ていただいて、今後も『MOZU』を育ててもらえたら、こんなにうれしいことはない」と呼びかけると、会場からは大きな拍手が沸き起こった。

 同作は、逢坂剛氏のベストセラー小説を元にしたテレビドラマの劇場版。二つの大規模な同時テロの捜査にあたる公安警察官の倉木(西島)が、事件の背後に存在する謎の人物、ダルマ(ビートたけし)と対峙する。

 舞台あいさつにはそのほか、長谷川博己羽住英一郎監督が出席。女性ファンを多く抱える西島と長谷川に会場の女性ファンは終始、熱狂。長谷川演じるキャラクターの名ゼリフ「チャオ!」が飛び出すと黄色い歓声が上がり、西島も「生チャオに感動しちゃった!」とイベントを楽しんでいた。



関連写真

  • MOZUシリーズ完結に感慨深げな西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)西島秀俊、長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
  • 『劇場版 MOZU』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス