• ホーム
  • 芸能
  • 樹木希林、芥川賞後もブレない又吉を絶賛「腰がすわってる」

樹木希林、芥川賞後もブレない又吉を絶賛「腰がすわってる」

 女優の樹木希林とお笑いコンビ・ピース又吉直樹が16日、TBS系スペシャルオムニバスドラマ『このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状』第2弾の収録に参加。又吉が『火花』で第153回芥川賞を受賞してからの共演は初めてとなった2人だが、樹木は「又吉さんは、変わってない良さがあった」と語った。

 樹木は、又吉の印象について「(今回の共演は)芥川賞をもらった後だったけど、他の人が『おめでとう』って(又吉に)言っていた時に『あぁ、そうだ』って気づくくらい自然でした」笑顔。「こういう大きな賞をもらったら、たいがい浮足立っちゃうものが見えるんですけど、たたずまいがそのまんま変わらないっていうのがすごいですね。腰がすわってる」とブレない姿勢を絶賛した。

 『火花』を読んだ感想については「うぉーという感じで読んでました。面識があったので、親戚の人が書いたような身近さで『はぁ、こんな風に書くんだ』って感心しましたね」といい「普段は人が受賞しても喜ばないんですけど、今回は『わぁー』ってなりましたね。そう思わせるのは、又吉さんの人柄もあるんですよね」と手を叩きながら褒め称えた。

 一方の又吉も「また希林さんと(この番組で)お会いできるのがすごくうれしかった」との喜びを口にしつつ、「台本上ではせりふを言い終わってるんですけど、希林さんがしばらくお芝居を続けて『これ、どこで終わんねやろう?』っていうのがありました。そういうのが面白いですよね」と樹木のアドリブ力に舌を巻いていた。

 同番組は、TBSと宝島社のコラボレーション企画。ミステリー&エンターテイメント作家の登竜門『このミステリーがすごい!』で大賞を受賞した作家が書き下ろした短編小説をドラマ化し、オムニバス形式で放送する。今回は中山七里氏・喜多喜久氏・降田天氏による3篇のスペシャルミステリーが有名監督によって映像化される。30日の午後9時より放送。



オリコントピックス