• ホーム
  • 芸能
  • チェ・スンヒョン、ドラマ撮影中セットのトイレで泣いていた!?

チェ・スンヒョン、ドラマ撮影中セットのトイレで泣いていた!?

 11月2日より日本・韓国・タイ・台湾で同時配信がスタートしたウェブドラマ『シークレット・メッセージ』(日本ではdTVで独占配信、全10話)。日本の女優・上野樹里と、韓国のT.O.P from BIGBANGことチェ・スンヒョンが初共演し、無料メッセージ・通話アプリ「LINE」の翻訳ツールを駆使して、お互いに自分の国の言葉を話しながら関係を深めていくという、新しい形のストーリー展開で、いままでの日韓合作ドラマに少なからずあった“言葉の問題”を乗り越えた意欲作だ。

【写真】その他の写真を見る


 上野が演じるのは、初恋の人を忘れられず、既読のつかないLINEにメッセージを送り続けるヒロイン・ハルカ。チェ・スンヒョンは、結婚を考えた恋人との別れ以来、愛を信じられなくなり、“愛”についてのインタビューを撮り続ける映画監督志望の青年ウヒョンを演じる。物語は、ハルカが送ったLINEのメッセージがウヒョンのスマホに届いたことをきっかけに出会い、国境を越えて引かれ合っていく姿を描いていく。

 BIGBANGのメンバーとして活躍する傍ら、映画『戦火の中へ』『同級生』『タチャ〜神の手〜』などで俳優もこなすチェ・スンヒョンだが、ドラマ出演となると、2009年の『IRIS−アイリス−』でミステリアスな殺し屋役を演じて以来、6年ぶり。

 「なぜ、ドラマに出なかったのか考えてみると、スケジュール的なこともあったと思いますが、今回の企画と出合うのを待っていたんじゃないか、そういう運命だったのではないかとさえ思えてきます。本格的なラブロマンスを演じるのは今回が初めてということもあり、成長した姿を見せたいという気持ちも正直ありました」。

 上野との共演も魅力的だった。「毎年のようにコンサートツアーで日本各地を回っていますが、俳優としても日本の作品に出演したり、日本の俳優さんと共演してみたいと思っていました。その中でも一番好きな上野樹里さんと共演できるなんて、とてもうれしかったです。彼女の演技はとても個性にあふれていて繊細で、本当にすてきな女優だと思いました」と語っている。

 『のだめカンタービレ』(フジテレビ)などの作品で韓国でも高い人気を得ている上野も「韓国の皆さんにも楽しんでいただける作品に出たいと思っていました」と今回の企画を歓迎。「T.O.Pさんと共演すると聞いて、私が相手で釣り合うのか?と、思ったんですけど、恋に臆病だった男女がお互いの心の傷を癒やしていくすてきな話で、T.O.Pさんと共演できる機会もそうそうない。いまできることを一生懸命やってみようと思いました」と話していた。

 本作はチェ・スンヒョンが主に日本で、上野が主に韓国で撮影しており、その期間も日本で8日、韓国7日と、超タイトスケジュールが強行された。

 チェ・スンヒョンは「撮影期間中は一日に2、3時間しか寝られない状況で、この10年間でこんなに大変なことはなかったと思うくらい大変でした。セットの中のトイレで一人、泣いていました」と冗談混じりに話すと、上野が「泣くらいなら寝ればよかったのに(笑)」とツッコミを入れる。上野が「私は食事の時間に衣装を着替える場所でカーテンを閉めきって寝ていました」と明かせば、スンヒョンが「僕は食事の時間はちゃんと食べたいんです」と言い返すなど、本作を通してすっかり打ち解けた様子も見せていた。



関連写真

  • 日韓同時配信されたウェブドラマ『シークレット・メッセージ』(日本ではdTVで独占配信)でW主演を務めるT.O.P from BIGBANGチェ・スンヒョンと上野樹里
  • ドラマは初共演の二人が演じるピュアなラブストーリー
  • 日韓同時配信されたウェブドラマ『シークレット・メッセージ』(日本ではdTVで独占配信)でW主演を務めるT.O.P from BIGBANGチェ・スンヒョンと上野樹里
  • 日韓同時配信されたウェブドラマ『シークレット・メッセージ』(日本ではdTVで独占配信)でW主演を務めるT.O.P from BIGBANGチェ・スンヒョンと上野樹里
  • 日韓同時配信されたウェブドラマ『シークレット・メッセージ』(日本ではdTVで独占配信)でW主演を務めるT.O.P from BIGBANGチェ・スンヒョンと上野樹里
  • 日韓同時配信されたウェブドラマ『シークレット・メッセージ』(日本ではdTVで独占配信)でW主演を務めるT.O.P from BIGBANGチェ・スンヒョンと上野樹里

オリコントピックス