• ホーム
  • 映画
  • 山里亮太、特撮映画で怪人役 「嫌われていることが報われた」と自虐

山里亮太、特撮映画で怪人役 「嫌われていることが報われた」と自虐

 お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太(38)が、映画『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』(来年1月23日公開)に出演することが12日、わかった。山里が演じるのは、ニンニンジャーとトッキュウジャーの前に立ちはだかる最強の敵・闇博士マーブロ。“マッドサイエンティスト”という難役だが、「役作りも何もなく、普通に確認でセリフを読んだらそれだけで監督に『それです!』って言われて(笑)。僕が38年間歩んだ人生を表現してみたら、それがマッドサイエンティストだったということですね。初めて嫌われていることが報われました(笑)」と自虐的にコメントしている。

【写真】その他の写真を見る


 山里が演じるのは、忍者が好き過ぎて伝説の忍者の闇クローンを産み出し、闇忍者ランドの支配人をもつとめる闇博士マーブロ。闇クローンをミックスして最強のハイブリッド忍者を作ろうと企み、ニンニンジャーたちを襲うという役どころだ。

 頭脳明晰でありながら、忍者のこと以外に興味がない子どもっぽい性格の持ち主を体現できると期待され、監督・プロデューサー満場一致でキャスティングされ、撮影では2日間でと考えられていた分量が1日で終わってしまうほどのハマりっぷりだった。

 憧れていたスーパー戦隊シリーズ出演に「子どもたちに夢と希望を与えるヒーローものに僕がどういう風に出られるのかワクワクしてます」と歓喜。相方・しずちゃんの反応は「出演が決まった話をしたんですけど、途中でいなくなってました。僕に興味ないのは知っていたんですけど、それまでとは…。この前、漫才をやった時に僕の名前を忘れてたので、まずは覚えてもらうところからですね!」と、ショックを受けつつ前向き。

 「今後、もしヒーローになれるとしたら、基本的に戦い方は交渉術ってスタイルでやってみたいですね。決め台詞は『すみません、その先は法廷で』っていうね。最終回は最高裁で!(笑)」と、山里らしいヒーロー像を明かし、「歴史に名前を残すほど恐ろしい怪人を演じてますんで、ぜひ皆さん映画館で楽しんでくださいませ!」と呼びかけている。



関連写真

  • 『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』で最強の敵・闇博士マーブロを演じる南海キャンディーズ・山里亮太 「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C)テレビ朝日・東映AG・東映
  • 闇博士マーブロに変身
  • 『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』で最強の敵・闇博士マーブロを演じる南海キャンディーズ・山里亮太 「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C)テレビ朝日・東映AG・東映
  • 『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』で最強の敵・闇博士マーブロを演じる南海キャンディーズ・山里亮太 「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C)テレビ朝日・東映AG・東映
  • 『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』場面カット。最強の敵・闇博士マーブロを南海キャンディーズ・山里亮太が演じる 「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

オリコントピックス