• ホーム
  • 映画
  • 笑福亭鶴瓶“一部標準語”に苦戦 ナレーションで「監督と6時間けんか」

笑福亭鶴瓶“一部標準語”に苦戦 ナレーションで「監督と6時間けんか」

 落語家の笑福亭鶴瓶(63)が12日、都内で映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』公開アフレコを行った。同作では、大阪弁でナレーションを行っている鶴瓶だが「学術用語は標準語だったので、すごく苦労した」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 今回のオファーを受けた理由について「『大阪弁で(ナレーションやっても)ええの?』って聞いて『いい』っていうから、そういうものやったらやろうと思った」と説明。実際にアフレコに挑戦してみると「犬とかイノシシとかの言葉は『標準語でお願いします』と言われた」といい、単語の言い方をめぐり「監督と6時間くらいけんかしました」と笑顔で明かした。

 続けて「標準語にあわせて『イノシシは〜』って言ったら、(笑福亭)仁鶴兄さんの『上沼相談員』みたい(なイントネーション)になる。そうしたら、次の大阪弁がおかしくなる。触覚切られた昆虫みたいやった」と苦笑い。同席した木村文乃(28)から「6時間は長かったですね」と、ねぎらわれると「その前に3つくらい仕事してきてからの最後やったから、頭破裂しそうになったわ」と笑った。

 同作は、日本でもヒットを記録した『オーシャンズ』(09)のジャック・ペラン、ジャック・クルーゾ監督コンビが送る新たなるネイチャードキュメンタリー。来年1月15日より公開される。



関連写真

  • 標準語でのナレーションに苦戦したことを明かした笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開アフレコに挑戦する(左から)木村文乃、笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』公開アフレコを行った木村文乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』公開アフレコを行った(左から)木村文乃、笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』公開アフレコを行った(左から)木村文乃、笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』公開アフレコを行った(左から)木村文乃、笑福亭鶴瓶
  • 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』公開アフレコを行った(左から)木村文乃、笑福亭鶴瓶

オリコントピックス