• ホーム
  • 映画
  • 15億円相続の芸人・前田けゑ、苦労明かす「税金5億円」

15億円相続の芸人・前田けゑ、苦労明かす「税金5億円」

 “カスタネット芸人”でタレントの前田けゑ(33)が10日、都内で行われた映画『パリ3区の遺産相続人』(14日公開)トーク付きイベント試写会に登壇した。祖母の知人であった女性に養子入りした前田は養母が2012年に亡くなった後、彼女が名古屋の地主で不動産などを管理するオーナーであったことが発覚。突如、15億円の遺産を相続したことで話題になった。周囲からうらやましがられることも多いというが「税金5億円」「攻撃もいっぱいあった」と意外な苦労を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 祖母の知り合いとして紹介された当時、85歳の養母に気に入られ、3度ほど食事した後に区役所に向かったという前田。跡取りがおらず、話し相手を欲しがっていた養母の世話をするため「月火水木は名古屋で養母と暮らし、金土日を東京で仕事をする」という生活を数年間続けた。資産家であることは一切、聞かされてなかったため突然の15億円相続に「真っ白になりました」と振り返った。

 一見、夢のような話に聞こえるが「資産は現金ではないので、税金で5億円払わないといけないんです。貯金は10万円しかなかったのに国から『5億円払え』と言われた。そうすると土地や建物を売らないといけない。早く売らないと1日2万円以上の延滞税が来るんです」と切実な実情を明かした。

 また、「僕の場合は1人だったけど、僕の前に養子入りしようとしてた人がいたみたい。お金を2億円くらい使い込んで追い出されたみたい」と激白。「その後に僕が入ったから、その人からの攻撃もいっぱいあった。車のミラーはだいたい折れてましたね…」と災難に肩を落とした。

 その後、3年間でいろいろな人に話を聞いて遺産相続について勉強したが「まだ年は若いんですが、これから相続税対策はしなくてはいけない」と苦労はまだ続く様子。「遺産相続をされる方はする方に、生前に伝えておいた方がいい。遺言は結局、もめる。自分がある分は渡す人に伝えてほしい」と強く訴えていた。

 同作はパリの旧市街・マレ地区を舞台に、疎遠だった父が亡くなったことで相続したアパルトマンを売却しにやってきた一文無しのニューヨーカー・マティアス(ケヴィン・クライン)と、フランス伝統の不動産売却制度『ヴィアジェ』を利用してアパルトマンに住む老婦人・マティルド(マギー・スミス)、その娘クロエ(クリスティン・スコット・トーマス)が織りなすヒューマンドラマ。



関連写真

  • 15億円の遺産を相続したことで話題になった“カスタネット芸人”前田けゑ (C)ORICON NewS inc.
  • カスタネット芸を披露した前田けゑ (C)ORICON NewS inc.
  • 15億円の遺産を相続したことで話題になった“カスタネット芸人”前田けゑ=映画『パリ3区の遺産相続人』トーク付きイベント試写会 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス