• ホーム
  • 映画
  • 佐藤浩市、尾野真千子と撮影初日にベッドシーン「恥ずかしかった」

佐藤浩市、尾野真千子と撮影初日にベッドシーン「恥ずかしかった」

 俳優の佐藤浩市が7日、都内で行われた主演映画『起終点駅 ターミナル』初日舞台あいさつに登壇し、撮影初日に共演経験の少ない尾野真千子とベッドシーンに臨んだことを明かした。

 尾野は「2人での撮影初日がベッドシーンで、ちょっと気まずいというか…」と告白。佐藤も「(2012年に共演した)『のぼうの城』の時もほぼ絡みがなかった。それで、今回いきなり会って『おはようございます』って言って、いきなり、“じゃあ…”っていう感じだった」と当時を振り返った。

 佐藤は「ラブシーンは何とも言えず苦手なもんで、本当に恥ずかしかった」と照れながらも「でも、そこから始まってよかった。撮影が何(のシーン)から始まるかは、その時の運でもある」と話し、尾野も「そうですね。すぐに“ポン”といけて話しかけやすくなった」と同調していた。

 同作は、桜木紫乃氏の短編小説を映画化。判事だったころに体験した苦い出来事を引きずる55歳の弁護士(佐藤)が、孤独な25歳の女(本田翼)との出会いを経て再生していく過程を描いた人間ドラマ。舞台あいさつには本田翼、篠原哲雄監督も登壇した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『起終点駅 ターミナル』撮影初日がベッドシーンだったという(左から)佐藤浩市、尾野真千子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『起終点駅 ターミナル』初日舞台あいさつに登壇した本田翼 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『起終点駅 ターミナル』初日舞台あいさつに登壇した(左から)篠原哲雄監督、本田翼、佐藤浩市、尾野真千子

オリコントピックス