• ホーム
  • 芸能
  • 山本耕史、石田三成公第415回忌法要に参加 『真田丸』成功祈願

山本耕史、石田三成公第415回忌法要に参加 『真田丸』成功祈願

 俳優の山本耕史が11月1日、滋賀県長浜市石田町の八幡神社に隣接する石田一族供養塔で営まれた「石田三成公第415回忌法要」に参列した。来年のNHK大河ドラマ『真田丸』で石田三成役を演じる山本は、その子孫や関係者らとともに手を合わせ、悲運の武将を供養し、ドラマの成功を祈願した。

 山本は「『心を込めて、三成公を演じさせていただきます!』と、その御魂にごあいさつさせていただくことができました」と穏やかな表情を見せ、「実は、きのう(10月31日)39回目の誕生日を迎えました。くしくも、40歳で天下分け目の勝負に挑まれた三成公の人生を、ほぼ同じ年齢を迎えた私が、体験させていただくことになります。演じさせていただく限りは、全国の石田三成公ファンの皆さまから、『石田三成公といえば、山本耕史だね』と記憶に刻んでいただけるよう、精進して撮影に挑みたいと存じます」と決意を新たにした。

 関ヶ原の戦いの後、京都の六条河原で斬首されたと伝わる三成。彼の生誕地である石田町では、毎年11月の第1日曜日を命日と定め、「石田三成祭」を開催している。例年、ステージイベントや記念講演会などが行われ、近年では全国から三成ファンが集まるイベントとして知られている。

 現地でゲーム『戦国無双4』に登場する三成のキャラクターをあしらったラッピングカー(三成タクシー)などを目の当たりにした山本は「歴史を題材にしたゲームの世界では、石田三成公と真田幸村公は人気を二分し、特に三成公を敬愛する気持ちは、並々ならぬものがあると聞きます。大河ドラマ『真田丸』の主人公と人気を争う登場人物をどう演じるか、今から楽しみでなりません」と撮影が待ちきれない様子だ。



関連写真

  • 来年のNHK大河ドラマ『真田丸』石田三成役を演じる山本耕史。第415回忌法要に参加し、三成公の供養とドラマの成功を祈願した
  • ゲーム『戦国無双4』に登場する三成のキャラクターをあしらった「三成タクシー」

オリコントピックス