• ホーム
  • 映画
  • 土屋太鳳、クリスマスにサンタと妖精「本当に来た」

土屋太鳳、クリスマスにサンタと妖精「本当に来た」

 女優の土屋太鳳が3日、東京タワーの『オレンジ・イルミネーション』点灯式に出席。「サンタさんを待つためにお酒とお菓子とお手紙を添えて本気で待っていました」とクリスマスの思い出を振り返ると「本当にサンタさんと妖精が来たんです。本当ですよ」と力説した。

【写真】その他の写真を見る


 今年の同所のイルミネーションのシンボルカラー“オレンジ”にちなみ、映画『orange-オレンジ-』(12月12日公開)に主演する土屋のほか、共演の竜星涼山崎紘菜桜田通清水くるみが登場。カウントダウンでツリーのイルミネーションを点灯した土屋は「本当にすてきですね」と、うっとりしていた。

 同作は、未来の自分から手紙が届くというファンタジックな世界観と、大切な人を亡くさないために“今”を変えようともがきながら奮闘する高校生の姿を描く、異色の青春群像劇。NHK連続テレビ小説『まれ』で夫婦を演じた土屋と山崎賢人が再共演している。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『オレンジ・イルミネーション』点灯式に登場した(左から)清水くるみ、山崎紘菜、土屋太鳳、竜星涼、桜田通
  • イルミネーション点灯のカウントダウンを行った
  • 『オレンジ・イルミネーション』点灯式に登場した(左から)清水くるみ、山崎紘菜、土屋太鳳、竜星涼、桜田通

オリコントピックス