• ホーム
  • 映画
  • ロン・ハワード監督最新作『白鯨との闘い』来年1・16公開決定

ロン・ハワード監督最新作『白鯨との闘い』来年1・16公開決定

 『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で知られるロン・ハワード監督最新作の邦題が『白鯨との闘い』に決定し、来年1月16日に公開されることがわかった。

 同作は、ハーマン・メルヴィル氏原作の『白鯨』に隠された真実を描き、2000年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞作品に選ばれた『復讐する海―捕鯨船エセックス号の悲劇』を基に映画化。

 1819年、“エセックス号”の乗員達たちは船いっぱいの鯨油を手にするべく、大量の鯨を求めて進んだ太平洋沖4800キロメートルの海域で白い巨大なマッコウクジラに出合い、激しい戦いを繰り広げるものの、巨体に攻め立てられて船を沈められてしまう。

 わずかな食料と飲料水をかき集め、3艘のボートで広大な太平洋に脱出した彼らを待ち受けていたのは、水も食料も存在せず、自分たちがどこにいるかも分からない絶望的な漂流生活。仲間が倒れていくなか、何としても生き延びるために彼らは “究極の決断”を下す。

 主人公の一等航海士オーウェン・チェイスを『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワーズが演じるほか、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィー、ベン・ウィショーが出演。本作の全米公開は12月11日となっており、2016年のアカデミー賞レースにも期待が寄せられている。



オリコントピックス