• ホーム
  • 映画
  • 【東京国際映画祭】東京グランプリはブラジル作品『ニーゼ』

【東京国際映画祭】東京グランプリはブラジル作品『ニーゼ』

 『第28回東京国際映画祭』(TIFF)のクロージングセレモニーが10月31日、都内で行われ、実在した女医を描いたブラジルの映画『ニーゼ』が最優秀作品賞の「東京グランプリ」を受賞した。

 ショック療法が正しいものとされ、暴れる患者を人間扱いしない精神病院に着任した女医のニーゼは、芸術療法を含む画期的な改革案を導入するが、彼女の前に男性社会の厚い壁が立ちはだかる。ユングの理論を実践し、常識に挑む勇気を持った精神科医の苦闘を描いた感動の実話。

 満面の笑みで何度もトロフィーを掲げたホベルト・ベリネール監督は、制作に13年かけたことを明かし、「主人公のニーゼは革命家ですが、彼女を知っている人は少ない。私は彼女を紹介したいという思いでつくってきました」とスピーチした。

 審査委員長のブライアン・シンガー監督は「作品がファンタジーであろうと実話であろうと、観客が本当だって思うことが大事。それが含まれていた」と評価していた。

【受賞作一覧】
東京グランプリ/『ニーゼ』
審査員特別賞/『スリー・オブ・アス』
最優秀監督賞/ムスタファ・カラ『カランダールの雪』
最優秀女優賞/グロリア・ピレス『ニーゼ』
最優秀男優賞/ローラン・モラー、ルイス・ホフマン『地雷と少年兵』
最優秀芸術貢献賞/『家族の映画』
WOWOW賞/『カランダールの雪』
観客賞/『神様の思し召し』
アジアの未来 作品賞/『孤島の葬列』
国際交流基金アジアセンター特別賞/『告別』
日本映画スプラッシュ部門 作品賞/『ケンとカズ』



オリコントピックス