• ホーム
  • 芸能
  • 笑福亭鶴瓶が太鼓判 二宮“談春”×たけし“談志”『赤めだか』12・28放送

笑福亭鶴瓶が太鼓判 二宮“談春”×たけし“談志”『赤めだか』12・28放送

 人気アイドルグループ・二宮和也と、タレント・ビートたけしの初共演で、落語家・立川談春がつづった師匠・立川談志との師弟関係をドラマ化するTBS系『赤めだか』の放送日が、12月28日に決まった。番組のナビゲーター役として落語家の笑福亭鶴瓶が出演することになり、「忙しい二人がそれぞれの“談志”、“談春”をやるのであれば、必ずいいものができると確信しています」と期待を寄せた。

 主演・談春役に二宮、そして不世出の天才・談志役にたけし。さらに、立川談春の兄弟子、立川関西(かんさい)役に宮川大輔、立川談かん(だんかん)役に柄本時生、立川ダンボール役に新井浩文、立川談々(だんだん)役に北村有起哉の出演が新たに発表された。

 同じ落語家として、生前の談志さんと親交も深かった鶴瓶は「『赤めだか』という本ができたと談春から聞き、読ませてもらえました。泣きながら読みましたね(笑)。落語の世界にいる自分が言うのもなんですが、このドラマを観て『落語ってカッコイイ世界だな』と思っていただき、落語界特有の師弟関係などにも注目して見てもらえればと思います」とメッセージを寄せた。

 物語のナレーションは、「落語が好きで若い頃はよく落語のCDを聞いて」いたという女優の薬師丸ひろ子が担当する。「本を読んだときにうらやましいなと思うぐらい良い本で、自分も演じてみたいと思いました。残念ながらその役はありませんでしたが、ナレーションという形で関わることができて幸せです」と思いを込める。



オリコントピックス