• ホーム
  • 映画
  • 吉本実憂、過激せりふ挑戦に“快感”「楽しくなってきました」

吉本実憂、過激せりふ挑戦に“快感”「楽しくなってきました」

 女優の吉本実憂が3日、都内で行われた映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した。同作で吉本は、“邪悪な女子校生”役に挑戦。過激なせりふを吐く役柄でもあり、最初は「カットがかかるとモヤっとしていた」と抵抗感があったが、除々に「相手にこう言ったら傷つくんだとわかってきて、途中から楽しくなってきました」とにっこり。共演した内野聖陽も「悪役を演じるにあたって快楽を感じていたようですね」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、芦沢央氏による心理サスペンス小説を映像化。名門高校で転落した娘の死を受け入れられない父親・安藤聡(内野)が、鍵を握るクラスメイトの少女・木場咲(吉本)と接触し、彼女の策略にはまり暴走していく姿を描く。

 これまでにない闇を抱えた役で、吉本は「影のある役を演じるのが目標の1つだったのでうれしかったが、難しい部分がいっぱいあった」と吐露。撮影前には、邪悪な役に入り込むため共演者と“傷つけるエクササイズ”に励んだという。

 内野は、エクササイズで「『内野さん、なんでそんな芝居がデカイんですか?』とか言われた」といい、「パーソナルな傷付け方をされましたね…」と苦笑しながら打ち明けた。

 舞台あいさつには、谷村美月葵わかな、金魚わかな、大塚祐吉監督も登壇した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • (左から)映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した内野聖陽、吉本実憂 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した吉本実憂 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した葵わかな (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した金魚わかな、谷村美月、内野聖陽、吉本実憂、葵わかな、大塚祐吉監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した谷村美月 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した金魚わかな (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)映画『罪の余白』初日舞台あいさつに出席した金魚わかな、谷村美月、内野聖陽、吉本実憂、葵わかな、大塚祐吉監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス