• ホーム
  • 芸能
  • オカダ・カズチカ、『民王』最終回に来店

オカダ・カズチカ、『民王』最終回に来店

 7月に第63代IWGPヘビー級王者に輝いた新日本プロレスのオカダ・カズチカが、きょう18日放送のテレビ朝日系ドラマ『民王』最終回(後11:15〜※一部地域を除く)に本人役で出演する。自分の力で多くの観客を集める「(カネの雨を降らせる=)レインメーカー」を名乗るオカダが、『民王』の最終回にも「カネの雨を降らせる」。

 遠藤憲一菅田将暉演じる武藤泰山・翔親子の入れ替わりも解決して、ひと安心したところに“政界のドン”こと城山和彦(西田敏行)の新党立ち上げ、そして泰山公設第一秘書である貝原茂平(高橋一生)の裏切りも発覚し、最終回にしてまだまだ大波乱の予感が漂う『民王』。

 オカダは、劇中で翔が住み込みアルバイトをしていたカレー店「きっちんやみくも」にやってくる客として登場。出演シーンでは、決めぜりふの「特にありません」も披露される。

 キッチンやみくもの店主夫妻はオカダの大ファンという設定で、店内にオカダの写真が飾ってあったり、やみくも名物カツカレーの辛さレベルを現す表にもオカダの肖像が使われていたり、彼への“愛”は初回から随所に散りばめられていた。

 テレビ朝日・飯田爽プロデューサーは「オカダさんが現場に入った瞬間はまさに『スターがきた!』という感じで、やみくものセット内の空気が変わりました」と話し、「普段俳優さんを見慣れているスタッフでも目を奪われるオーラがありました」と、そのスター性に感動していた。



オリコントピックス