• ホーム
  • 映画
  • 武田梨奈、反省直後に“板割”披露 有吉に「ごめんなさい」

武田梨奈、反省直後に“板割”披露 有吉に「ごめんなさい」

 女優の武田梨奈が16日、都内で行われた映画『海すずめ』製作発表記者会見に出席。先月29日放送の日本テレビ系バラエティー番組『有吉反省会』(毎週土曜 後11:30〜)で、特技の瓦割りや板割をどこでもしていることを反省していたが、今回も“板割”を披露してしまい、同番組MCの有吉弘行に謝罪した。

【写真】その他の写真を見る


 クランクインを目前に控え「最初に台本を読んだ時、愛のある作品だなと思った。まだワンシーンも撮ってないんですけど、いい作品になるって自信があります」と気合の入ったあいさつ。ロケ地の愛媛県宇和島市には「まだ行ったことがない」というが、「監督に写真を1000枚くらい見せていただきました」と早くも役作りに取り組んでいることを明かした。

 会見の最後には「気合を入れて撮影に臨もう」との意味をこめて“板割”を披露。見事成功を収めたが、「数週間前に、『有吉反省会』で『いろんなところで瓦とか板とか割ってごめんなさい』ってやったのに、やっちゃった。またごめんなさい」と、再度“反省”していた。

 会見にはそのほか、小林豊吉行和子大森研一監督、石橋寛久宇和島市長、宇和島伊達家13代当主・伊達宗信氏、愛媛県のご当地キャラ・みきゃんも出席。同作は宇和島を舞台に、市立図書館自転車課(自転車で図書を運ぶ仕事)に務める主人公・雀(武田)が、廃止案が浮上した自転車課の存続や町の一大事解決に向けて奮闘する物語。2016年初夏公開予定。



関連写真

  • “板割”を披露しすぎていることを謝罪した武田梨奈 (C)ORICON NewS inc.
  • “板割”を披露した武田梨奈(左) (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)小林豊、武田梨奈、吉行和子(後列左から)みきゃん、宇和島伊達家13代当主・伊達宗信氏、石橋寛久宇和島市長、大森研一監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『海すずめ』の製作発表記者会見に出席した小林豊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『海すずめ』の製作発表記者会見に出席した吉行和子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス