• ホーム
  • 芸能
  • 江口洋介、難解&膨大な台詞に苦戦「小説のよう」

江口洋介、難解&膨大な台詞に苦戦「小説のよう」

 俳優・江口洋介が14日、都内で行われた連続ドラマW『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』(毎週日曜 後10:00)豪華キャスト舞台あいさつ付き完成披露試写会に出席した。1997年11月に自主廃業を発表した山一證券に最後まで残り社員のリーダーとなって真相究明と顧客への精算業務に立ち向かう常務取締役・梶井役を演じた江口は「台本を広げたら台詞も小説のようで脚本の戸田山(雅司)さんがいじめるかのような、猛烈な量の台詞だった」と圧倒された様子で明かした。

【写真】その他の写真を見る


 しかも「台詞はほとんど説明台詞」という江口は「それをどのように圧と熱を加えて活劇として見せるかかなり気をとられました」と苦戦したことを告白。「台本読んだ瞬間はこの夏は熱帯夜で眠れないなと思って過ごした。熱い思い出になりました」と充実の表情で振り返った。

 ジャーナリストで元読売新聞記者・清武英利氏のノンフィクションを原作にした同作は山一證券が自主廃業となった要因である二千六億円の薄外債務はどのように生まれ、隠し続けられたのか。そして最後まで会社に踏みとどまって社員たちの姿を描く社会派ヒューマンドラマ。

 メガホンを執った若松節朗監督は「先週、テレビで江口くんがヘリコプターにぶら下がって頑張っている姿を見せられた」と江口が主演する映画『天空の蜂』のCMを引き合いに「戦いが似合う俳優なんでしょうね」と感心。「こういう戦う姿勢のある役者たちが集まってできた作品です。『半沢直樹』に一歩迫った素晴らしい作品」と胸を張ってアピールした。

 このほか萩原聖人勝村政信矢島健一が登壇。WOWOWにて20日より午後10時からスタート(第一話無料放送)。



関連写真

  • 難解&膨大な台詞に苦戦したことを明かした江口洋介 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)若松節朗、勝村政信、江口洋介、萩原聖人、矢島健一 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマW『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』の完成披露試写会に出席した江口洋介 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマW『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』の完成披露試写会に出席した勝村政信 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマW『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』の完成披露試写会に出席した矢島健一 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマW『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』の完成披露試写会に出席した萩原聖人 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマW『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』の完成披露試写会に出席した若松節朗 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス