• ホーム
  • 芸能
  • 相武紗季、連ドラ『エンジェル・ハート』で槇村香に起用

相武紗季、連ドラ『エンジェル・ハート』で槇村香に起用

 女優の相武紗季が10月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『エンジェル・ハート』(毎週日曜 後10:30※初回は10:00より85分SP)に出演することが、明らかになった。一見お調子者の男だが実は“シティハンター”と呼ばれる凄腕のスイーパー(始末屋)である主人公・冴羽リョウ(上川隆也)の最大の理解者でパートナー・槇村香役に起用された。

【写真】その他の写真を見る


 累計5000万部超の人気コミック『シティーハンター』の原作者・北条司氏が、その世界観をもとに新たなパラレルワールド作品である同作。リョウの相棒・香が不慮の事故に遭うという絶体絶命のピンチから物語がスタートする。脳死状態の香の心臓が移植されることによって一命をとりとめた謎の美少女で新たなヒロイン・香瑩(シャンイン)役には女優・三吉彩花が起用されている。

 原作でも人気キャラクターだが相武は「不安はあったのですが、私自身としてもすごく好きなキャラクターですし、原作のファンでもあるので、この作品を好きだと思っている方にも、楽しんでいただけるような『香』を作っていきたいと思います」と意気込みを語った。

 香の魅力について「強さも弱さも兼ね備えていて、冴羽リョウをすごく愛している、たくさんの愛を抱えている完成された女性だと思うので、尊敬する部分、憧れの部分が多いです。ぶれない自分の思いや、考えを持っている女性なので、内面からにじみ出る強さに惹かれます」とコメント。「どういう風に皆さんにお伝えすればいいのかと思うのですが、自然とにじみ出るように『香』の心情を理解しつつ演じていきたいと思います」と気持ちを新たにしていた。



関連写真

  • 10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『エンジェル・ハート』で冴羽リョウの婚約者・槇村香役に起用された相武紗季 (C)日本テレビ
  • 槇村香の原作カット(C)北条司/NSP 2001
  • 10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『エンジェル・ハート』原作カット(C)北条司/NSP 2001

オリコントピックス