• ホーム
  • 映画
  • ひらパー、岡田准一の映画に“便乗” 「利用する。何度でも。」

ひらパー、岡田准一の映画に“便乗” 「利用する。何度でも。」

 V6岡田准一と女優の榮倉奈々が出演する映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』(10月10日公開)と大阪・枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」(通称:ひらパー)が、続編公開を記念したコラボレーション企画を実施することが4日、わかった。

 ひらパーでは、期間限定で同映画の世界観に浸れるリアル宝探しイベントや、劇中衣裳・小道具などが間近で見られる展示を開催。ここでしか見られない岡田や榮倉からの貴重なメッセージ映像の放映など、映画の世界を「見て」「体感」出来る企画で盛り上げる。

 また、映画のビジュアルと対比させたコラボレーションポスターも作成。映画タイトル「図書館戦争」を文字って、ひらパー側には“図書館便乗”と「利用する。何度でも。」というコピーを。これまでの岡田が出演した映画と実施してきたコラボレーションを自笑するかのような、ひねりの効いたポスターとなっている。

 同企画は、主演の岡田が“超(スーパー)ひらパー兄さん”として同園のイメージキャラクターとなっていることから実現。2013年4月の“超ひらパー兄さん”就任以来、ひらパーは、公開毎に出演映画を応援してきたが、本作とのコラボレーションは、過去最大規模の取り組み。

 “超ひらパー兄さん”は昨年4月から、ひらパーの園長にも任命され“超ひらパー兄さん園長”として活躍中。今回の取り組みはひらパーにとっても、園長にとっても、最大級の“MISSION”となる。イベント・展示は9月19日からスタートし、ポスターは京阪電車沿線にて9月10日ごろより順次掲出予定。



オリコントピックス