• ホーム
  • 映画
  • 関ジャニ・安田、刑事役に初挑戦「この事件を解決してやる」

関ジャニ・安田、刑事役に初挑戦「この事件を解決してやる」

 アイドルグループ・関ジャニ∞安田章大が映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(2016年GW公開予定)で自身初となる刑事役として出演することが、明らかになった。残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読むことができる元・お笑い芸人の仙石和彦(野村萬斎)と、口の悪い仙石の元相方・丸山竜司(雨上がり決死隊・宮迫博之)の異色コンビが事件解決に奔走するストーリーで、安田は物語の鍵を握る警視庁捜査一課の若手エリート刑事の佐々部悟役を演じる。

 仙石の特殊能力を使い日本中を湧かせていたお笑いコンビ“マイティーズ”だが、その能力の代償に精神をすり減らし、解散。今は別々の生活を送る二人のもとに、行方不明となったピアノ教師・沢村雪絵(木村文乃)を探して欲しいという秋山亜美(杉咲花)という一人の女子高生が訪れる。

 警察の力を使おうと考え、読み取った思念を手紙にしたため送る三人だが、仙石と丸山が連行されしまうことに。思念を読み取ったという二人の話に、刑事たちは疑惑の目を向けるが若手刑事の佐々部だけは、唯一、その能力に興味を示し、事件解決のために、上司の野田直哉(風間杜夫)に内緒で、仙石たちに力を貸すこととなる。

 警察官僚を父親に持つ佐々部は普段から先輩刑事に「坊ちゃん」と呼ばれるなど、からかわれているという役柄だが安田は「警察官僚の息子として見られる事に葛藤があるのに、それを表向きには見せない。その一方で、ガンガン事件に突き進んでいき、真相を絶対掴むぞっという思いの強い刑事だと思ったので、とにかく、単純にこの事件を解決してやるという思いだけで演じました」と手応え。

 狂言師の野村、お笑い芸人の宮迫など個性派キャストが勢揃いしていることに「今回は多ジャンルの方々が集っている現場になっている気がします。ですので、観てくださる方々にとっても、面白い役者さんが揃っているのかなと思います。萬斎さんの目線、宮迫さんの目線…、それぞれの役に自分の目線を置いて頂けたら」と呼びかけた。

 また、同作でメガホンを執る金子修介監督は安田の印象について「会った瞬間『いいヤツだな。彼のために撮ってやりたいな』と思いました」と回顧。「初日の帰り際、(安田の乗る)バンの中でわざわざ起立してみんなにあいさつしていたこと(笑)。スタッフも『いいからいいから…』って感じでしたが、それくらい腰が低く礼儀正しい」と感心し、演技に関しても「すごく勘がいいし、ほんとに研究熱心で真面目ですよね。役としては仙石と丸山とのコンビに、なんとかくっついていこうとする若手刑事というキャラクターを楽しく演じてくれています」と信頼を寄せていた。



オリコントピックス