• ホーム
  • 芸能
  • 篠原涼子、『アンフェア』全裸シーンの撮影裏を明かす「最後だから」

篠原涼子、『アンフェア』全裸シーンの撮影裏を明かす「最後だから」

 ついに完結のときを迎える、連ドラから映画へと人気を博した『アンフェア』シリーズ。10年にわたり、クールなヒロイン・雪平夏見を演じたのは、主演作の多い“デキる”女優・篠原涼子。篠原にとっては、原作を読んで初めて自分からやりたいと言った運命の役であり、映画シリーズ第1作目の『アンフェア the movie』は初主演映画となり、前作『アンフェア the answer』では初のベッドシーンにも挑んだ、思い出の詰まった作品でもある。キャリアを代表する最長シリーズへの思い、4年ぶりの最新作『アンフェア the end』について聞いた。

◆映画には濡れ場があったほうが楽しい

――男女を問わずファンの多い、雪平夏見の物語もついに完結へ。本作『アンフェア the end』のシナリオを読んだとき、どのような感想を抱かれましたか?
【篠原】 今回の脚本を読ませていただいたとき、すごく“愛にあふれているな”って感じました。これまでの作品では、雪平夏見って、あまり愛に関わって来なかったので、そういう意味でも新鮮だったし、ドラマティックでいいなあって。今回、すべての謎が明かされますが、それも単純な謎解きではなく、愛に引っかけた描き方になっています。最後にふさわしい、美しい終わり方だなって思いましたね。

――前作では、台本以上に雪平らしいラブシーンを作ろうという篠原さんの熱意から、男前なベッドシーンが誕生しました。今回のオールヌードの悩殺シーンも、篠原さんの提案だったそうですね?
【篠原】 最初に台本を読んだときにはあまり感じなかったのですが、撮影の後半にこれまでのシーンを振り返ってみたとき、雪平の妖婉さが描かれていないように思ったんです。わかりやすく言うと、濡れ場的なところがないなあと。映画には、そういうシーンがちょっとあった方が楽しいのかもしれないし、『アンフェア』なら、その方がオシャレになるのかもと思ったので、スタッフに「最後だし、作品がよりおもしろく発展できるのであれば」と投げたら、ああいうシャワーシーンが返ってきたって感じですね(笑)。

――あのシーンの撮影では、佐藤監督はどんな演出を?
【篠原】 まず楽屋で私が裸になって、蛍光灯の明りのなかで立っていたら、嗣麻子さんがコンコンって入ってきて。くるーっと私の周りを一周しながら、舐め回すように見て「なるほどねー。OK、わかった。じゃあ、下(の撮影現場)で待ってます」って言われて(笑)。シャワーシーンってことは聞いていたんだけど、どういうふうに撮るのかとか、わからないまま現場に行ったら「涼子ちゃんね、そこに立ってくれるかな」「わかりました」。そうしたらカメラが寄ってきて“なるほど、こうやって撮るんだ”って(笑)。2回ほど撮ってOKになりました。最後の寄りの表情も嗣麻子さんのアイディアです。「こうして」って言われたので「わかった、じゃあそうしてみよう」って。

――あうんの呼吸なんですね?
【篠原】 突き詰めなくても、わかるんですよね。きっとこういうふうにしたいんだろうなって。逆に私もこうしたいと思ったとき、いちいち理屈をこねずに「こうしたいんだけど」とだけ言うと、嗣麻子さんが「OK、わかった」って。「あ、聞いてこないの、それ以上?」って感じるくらいで、周りのスタッフの方が“?”な感じになってたこともあったんじゃないかと思います。

◆10年続くなんて誰も考えていなかった

――秦建日子氏の原作に描かれた、正義を貫く刑事としての顔や、ドラマシリーズや『アンフェア the movie』のメガホンを取った小林義則監督が活写した、美しい女だからこそ絵になるタフネス……。さまざまな表情を持つ雪平ですが、篠原さんがとくに魅力を感じる部分とは?
【篠原】 人を信じる力がすごくあるというのか。思いやりとか。冷徹に見えて、ものすごく心が温かいところは、ステキな魅力じゃないかと思いますね。

――愛娘や年下のバディを大切に思う、母性愛にあふれる部分は、佐藤監督と篠原さんが育て上げた雪平のチャームですね。
【篠原】 ふたりで作り上げたというよりは、嗣麻子さんの台本に教えられた感じです。雪平をよりカッコ良く、よりステキに見せることを、嗣麻子さんは誰よりもいちばん考えてきた人なので。嗣麻子さんの台本に沿って、雪平になり切って、大切にしっかりと丁寧にやらせていただいた感じですね。

――10年演じ抜いたヒロインとの別れについて、淋しさはありますか?
【篠原】 淋しいですねぇ。でも、出し惜しみなくしっかりとやらせていただいたので、そういう意味では納得しています。こんなに続くなんて、誰も考えていなかったと思うんですよ。ドラマが終わる頃に、映画が始まるぞって話が来て、パート2が続いて……。1作、1作を全力でやっていたら、10年も続いていたような感じです。

――次は、どんな作品に挑戦したいですか? 雪平夏見のイメージから脱却をはかるための具体的なビジョンはありますか。
【篠原】 雪平を脱却する必要性は、自分にはないと思っていて。あまり頭でガチガチに考えるよりは、柔軟に考えていければいいなって。本当は考えなきゃいけないんでしょうけど、そういうふうにやっていくと、視野が狭くなるような気がするので。なるべくそうならないようにしているんです。これからも出合う作品に感謝しながら、やっていきたいと思っています。
(文:石村加奈)



オリコントピックス