• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46主演ドラマが撮了 西野七瀬「演じきらないとあかんって」

乃木坂46主演ドラマが撮了 西野七瀬「演じきらないとあかんって」

 アイドルグループ・乃木坂46が総出演するテレビ東京系ドラマ24『初森ベマーズ』(毎週金曜 深0:12)が19日、クランクアップした。

 同ドラマは、さびれた下町に住む少女たちが思い出の公園を守るため、経験のないメンバーだけでソフトボールチームを結成し、超強豪に挑むストーリー。18日、19日の2日間にわたり、頂上対決「初森べマーズVS聖ポラリス学園」の試合撮影が行われた。

 5月25日にクランクインしてから約3ヶ月でのクランクアップ。今月5日から始まった全国ツアーの疲れを感じさせない熱演で撮影に臨み、無事この日を迎えた安心感と達成感から、なかには号泣するメンバーもおり、スタッフたちと喜びを分かち合った。

 ストーリーの中心となる「ななまる」を演じた西野七瀬は、撮影当初は不安があったというが「スタッフさんたちはみなさん優しい方たちばかりでしたし、暑い中ずっと現場に出ててどんどん黒くなっていく姿を見て、絶対演じきらないとあかんって思ってやっていました。自分にとってすごくいい思い出になりましたし、暑くて大変だったけどそれ以上にとっても楽しかったです。また皆さんと一緒にお仕事できるように頑張っていきます」と、感謝と決意を伝えた。

 8月20日は「キレイ」役の白石麻衣、「ハーバード」役の秋元真夏の誕生日ということで、前日にメインキャストが勢ぞろいし、ケーキでお祝い。白石は「とってもうれしく、いい思い出になりました。実は昨日の現場で、プロデューサーさんに『明日お祝いしてもらえるんですか?』って聞いちゃったんですけど、まさか本当にお祝いしてもらえるとは思っていなかったのでびっくりしました」と感激。

 秋元も「お祝いをしてもらえるなんて予想していなかったのでとってもびっくりしました。現場でサプライズでお祝いしてもらえるのが憧れで、クランクインがなーちゃん(西野)の誕生日でいいなと思っていたので、すごいうれしかったです」と喜んでいた。

 21日放送の第7話では、外国人選手で固める強豪チーム『須決闘インターナショナルスクール』との対戦を控え、練習に励むべマーズの前に、キレイが現れる。「あんな公園もういいじゃない」と言い放ち、ななまるは反論する。その後キレイが向かったのは、この日が命日の母・ウララカ(伊藤裕子)の墓。母との思い出に浸る一方、仕事優先の父親・権田原(津田寛治)への憤りが募る中、キレイはなぜか初森公園へ向かう。



関連写真

  • 乃木坂46が総出演する『初森ベマーズ』がクランクアップ (C)「初森ベマーズ」製作委員会
  • 白石麻衣、秋元真夏の誕生日をお祝い=テレビ東京系ドラマ『初森ベマーズ』クランクアップの模様 (C)「初森ベマーズ」製作委員会

オリコントピックス