• ホーム
  • 芸能
  • 高橋ジョージ、事務所独立を否定「全くない」

高橋ジョージ、事務所独立を否定「全くない」

 歌手の高橋ジョージ(56)がNHKドラマ『美女と男子』で自身が演じた「たどころ晋也」名義でCDデビューすることになり10日、都内で会見を行った。高橋は一部で報じられている事務所独立について聞かれると「全くない。新しい事務所を立ち上げることはない。新しい事務所は存在しない」と完全否定した。

 高橋は「僕はもともと、1988年に個人事務所から持っていますので、新しく立ち上げることは全くないですね」といい、報道では離婚協議中の三船美佳(32)と同じ事務所は“嫌だ”と漏らしていると伝えられているが「美佳さんと同じ事務所は、バラエティーとか俳優、歌以外の業務をしていただいている事務所。(新事務所立ち上げは)全くない」と強調した。

 また、先月に新潟県で開催されたイベントを“ドタキャン”したと一部女性週刊誌で掲載されたが「7月の早い段階で、のどの調子が悪いと相談した。当初は代役を立てることだったらしい」といい「僕がブッキングを決定することはありません。僕がこっち行きたい、やりたいとか言うこともありません」と釈明した。

 高橋は、9月2日にドラマの役名で両A面シングル「ハローマイラブ!/ふたり 〜One Day」を発売する。同楽曲の作詞作曲を手がけた高橋は「今回の騒ぎがなければ書けなかった曲」と三船との離婚協議について触れ、「距離、時間をとったことによって生まれた楽曲。いい曲を書かせてもらった。この半年間、自分を美化するわけではないが、気付かなかった幸せもあると思う」と言及。

 楽曲は離れて暮らす愛娘に向けてのメッセージでもあるといい、「父親としての愛を持っていたい。その決意が曲に表れている。僕の愛を感じてもらえれば」と高橋。離婚協議の結果については「はっきり結果が出ると思う。(その時は)ちゃんとご報告したい」と語った。



関連写真

  • 事務所独立を否定した高橋ジョージ (C)ORICON NewS inc.
  • 「ハローマイラブ!」を熱唱した (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス