• ホーム
  • 芸能
  • 月9『恋仲』 ツイッターで盛り上がるイマドキの視聴スタイル

月9『恋仲』 ツイッターで盛り上がるイマドキの視聴スタイル

 俳優の福士蒼汰が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『恋仲』(毎週月曜 後9:00)。ドラマを視聴している自分たちのリアクションを撮影して投稿する人も現れるなど、ツイッターでの盛り上がりが面白いことになっている。

 初回視聴率9.8%と“月9”史上最低の数字でスタートした同ドラマだが、第2回で9.9%と微増。そして、第3回(3日放送)ではついに11.9%と2けたに乗せた。7月期の連続ドラマで唯一2けた台をキープする『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)に次ぐ“高視聴率”ドラマになりつつある(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは、仕事も恋愛もうまくいかない20代半ばの主人公・三浦葵(福士)が、高校時代に“恋仲”だった初恋の女性、芹沢あかり(本田翼)と7年ぶりに再会し、恋敵となるもう一人の“アオイ”こと蒼井翔太(野村周平)との複雑な友情に葛藤しつつ、さまざまな障害に七転び八起きしながら、“本当の恋”をつかんでいく姿を描く王道ラブストーリー。

 初回放送時から「『恋仲』見てたら…」と、ツイッター上にはさまざまなつぶやきが投稿されていた。「ヤバい…キュンキュンしちゃったわ あぁ、恋がしたい…」「べッタベタな王道もたまにはいいね」とドキドキ、胸キュンしている人。「(自転車の)二人乗りは違法です」「そもそもこんなイケメンいません」とツッコミを入れている人。「たのしみだけど ぐさぐさする〜」「蒼井翔太を応援したくなる自分が居る」「自分の青春振り返ったら、なんかもうちょっと苦しっ…涙出そう…」と自虐的になっている人。

 イマドキなのは、同ドラマを視聴している自分たちのリアクションを撮影して投稿している人たち。男友達5人で『恋仲』を観ながら大はしゃぎしている30秒動画を投稿していた福岡県在住の男子高校生(17)が、ORICON STYLEの取材に応じてくれた。

 きっかけは「ツイッターで『恋仲』のリアクション動画が流行っているから、撮ってみなよ!と、友達のお母さんに勧められ、やってみようと思いました」。アプリを使えば簡単に動画の撮影から編集、投稿ができる気楽さもあった。「ほかの『恋仲』の反応の動画にたくさんリツイートなどがきていたので、自分たちもやってみたいと思いました」と、“反応の動画”の反応が醍醐味だ。

 作品自体も好評価だ。「最高に面白いと思います!! あのすれ違いばかりが起こって、なかなか思うようにいかないところが、もどかしくて最高にいい感じです(笑)」と、スタッフやキャストが聞いたら喜びそうな感想が返ってきた。

 若者の「テレビ離れ」「ドラマ離れ」が叫ばれて久しいが、この男子高校生は「そう思ったことはなかったですが、言われてみるとテレビやドラマを見る時間よりも、遊びに行っている時間が多く、ほとんど家にいないので、テレビ自体あまり観ていません。でも、『恋仲』のように自分が気に入ったドラマは毎週観ています!」と屈託なく答えてくれた。

 きょう10日放送の第4回は、夏イベントの“ド定番”バーベキューに出かけることに。葵と元カノの冴木瑠衣子(市川由衣)、葵の友人・金沢公平(太賀)、公平が恋心を寄せる葵の妹・七海(大原櫻子)、さらにあかりと翔太も大集合。ツイッターの反応も楽しみだ。



オリコントピックス