• ホーム
  • 芸能
  • 小出恵介主演、『それでも僕は君が好き』ドラマ化

小出恵介主演、『それでも僕は君が好き』ドラマ化

 俳優の小出恵介主演で、『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の『それでも僕は君が好き』(漫画:絵本奈央)がドラマ化されることが7日、わかった。今秋、フジテレビ(関東ローカル)の深夜枠で4日連続放送予定。小出は同局のドラマ初主演となる。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、台湾の人気脚本家・徐誉庭氏の小説『馬子們!(マーズマン、直訳すると「彼女たち」)』が原作。情けないヤツだけれど、憎めない、どこにでもいるような“ダメ男子”の主人公・芹澤祐輔が、10歳から29歳になるまでの恋愛遍歴を振り返る物語。

 初恋は、小学校の先生。まるで『電車男』のエルメスのような清らかな女性だった。初めてのカノジョは、『花より男子』の牧野つくしみたいな一生懸命な子。初めてのセックスは、『私の名前はキム・サムスン』のサムスンみたいな大人の女性。そして、人生で最初に好きになり、最初に傷つけてしまった人…それは、母だった。大切なはずなのに、なぜか傷つけてしまった4人の「彼女たち」。そんな誰もが一度は経験する恋の始まりから終わりを、どこにでもいるような「ダメ男子」の目線で描き出す。

 フジテレビ編成部の増本淳氏が「ゴールデンタイムではなかなかできない冒険満載でお届けしたい」としており、小出も「深夜枠ということもあると思うんですけど、“ドラマでやっていいのかな?”と感じるくらい自由に書かれている印象でした。かなり攻めている作品」と語る。

 具体的には、「下ネタの部分が多くて、パンツ一丁のシーンがいくつもありました(笑)」と明かす。「“誰か止めてくれるんだろうな”と思ったんですが、誰も止めませんでしたね…。1日で何人もの女性と“キスシーン”を経験して、“エロ酔い”しました」と笑いに紛らせた。

 小出は「女性に対して飢えている感じとか、矢沢(永吉)さんのモノマネをするとか。全体的にコメディータッチで、ひとつひとつの演技が過激で過剰。日常的な芝居は、ほぼしてない」といい、「純粋で前のめりなかわいさがあふれた愛すべき男性と、それを愛してくれる女性のストーリーにご注目いただきたいです。温かい気持ちになれるエロドラマ!?だと思います」とアピールしていた。

 主題歌は、アジアを舞台に活躍する3つの国の6つの遺伝子が集結したアジアグローバルユニット・CROSS GENE(クロスジン)による「sHi-tai!」。ヒットメーカー・森雪之丞氏が作詞を担当する。同曲は「Love & Peace」と共に両A面シングルとして10月7日発売予定。



関連写真

  • 『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の『それでも僕は君が好き』(原作:徐誉庭/漫画:絵本奈央)を小出恵介主演でドラマ化
  • 主題歌を担当するアジアグローバルユニット・CROSS GENE(クロスジン)
  • 『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の『それでも僕は君が好き』(原作:徐誉庭/漫画:絵本奈央)の主人公・芹澤祐輔を演じる小出恵介
  • 『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の『それでも僕は君が好き』(原作:徐誉庭/漫画:絵本奈央)がドラマ化
  • アジアグローバルユニット・CROSS GENE「Love & Peace」配信中

オリコントピックス