• ホーム
  • 芸能
  • 木村文乃、1サイズ小さい服で“華奢な女の子”熱演 「本当は9号です」

木村文乃、1サイズ小さい服で“華奢な女の子”熱演 「本当は9号です」

 女優の木村文乃、俳優の青木崇高らが5日、都内で行われたWOWOWの日曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 石の繭』(16日スタート、毎週日曜 後10:00 全5話※第1話無料放送)の製作発表記者会見に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 作家・麻見和史氏の警察小説シリーズ「警視庁殺人分析班」の第1作を連続ドラマ化。廃ビルの地下室で、床にセメントで塗りこまれた死体が発見されることからはじまるクライムサスペンス。猟奇殺人事件の犯人と警視庁捜査一課の女性刑事・如月塔子(木村)の行き詰まる攻防戦を描く。青木は塔子の指導的立場でコンビを組む捜査一課の警部補・鷹野秀昭を演じる。

 撮影は、昨日、無事クランクアップを迎え、本作で初めて刑事役を演じた木村は「原作の塔子はすごく小柄なイメージ。私はそこまで小柄ではないので、ちょっとでも華奢感がでればいいなと思い、本当は9号ですが、窮屈さをがまんしながら(1サイズ小さい)7号を着続けました」と撮影秘話を明かしていた。

 本作の役づくりで前髪を切ったことが話題になった木村に対抗し、「僕も前髪をちょっと切りましたけど」と言って笑いを誘った青木は「そういえば、(木村が)汗をかいている姿を見ていない。すごいなぁって思っていた。僕らは汗びっしょりになっていたのに」と“女優”体質に驚愕していた。

 刑事ドラマの演出を数多く手がけ、本作の監督も務めた内片輝氏は、「緊張感のあるシーンが多かったので、テンションを上げて集中して、と言い続けたのですが、木村さんはうまくオン・オフを分けて、上手に現場を楽しみながら自分をコントロールすることができていた。『やるじゃないか、木村文乃』と思っていた」と主演女優に賛辞を送っていた。



関連写真

  • 1サイズ小さい服で演じたことを明かした木村文乃 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『連続ドラマW 石の繭』の製作発表記者会見に出席した(左から)内片輝氏、木村文乃、青木崇高 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『連続ドラマW 石の繭』の製作発表記者会見に出席した木村文乃 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『連続ドラマW 石の繭』の製作発表記者会見に出席した青木崇高 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『連続ドラマW 石の繭』の製作発表記者会見に出席した内片輝氏 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『連続ドラマW 石の繭』の製作発表記者会見に出席した(左から)内片輝氏、木村文乃、青木崇高 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス