おのののか“売り子”熱視線に歓喜

 タレントのおのののか(23)が4日、都内で行われた海外ドラマ『REIGN/クイーン・メアリー』スペシャルガールズナイトに出席した。おのといえば、平均100杯前後だというビールを1日400杯売り上げた“伝説の売り子”。現在、球界初売り子アイドル『マリーンズ カンパイガールズ』がデビューするなど芸能界でも“売り子”に対する熱視線が集まっていることに「今までビールの売り子って注目されなかったんですけど、私を知ってくれて売り子をやりたいという子も増えたし、球場でも可愛い子が増えた。野球の楽しみ方もひとつ増えたのでは」と喜んだ。

【写真】その他の写真を見る


 現役時代には週3回3時間の勤務で月収30万を稼いでいたというおのだが「でも本当に大変なんです。最初はソフトドリンクから始まって、ウイスキー、チューハイ、最終的にビールの売り子になれるのでビールの売り子は結構すごい子」と裏側を告白。15キロの樽を3時間動き回ることから「普通の体力の子じゃできない。気合と根性がないとできない。自分も含めて…」と自画自賛しつつも主張した。

 さらに先輩として同グループには「頑張ってほしい。同じ売り子出身として応援しています」とエール。自身の売り子復帰には「最後にビールを飲ませくれれば、いつでもどこでも樽を担いでいきますよ」と、声を弾ませた。

 16世紀の応急を舞台に、実在したスコットランド女王“メアリー・ステュアート”の恋と運命をスタイリッシュに描くロイヤルロマンス。おのは「このドラマを観ると疲れてても眠気が吹っ飛ぶ」と夢中になっていることを明かしていた。5日よりDVDリリース。



関連写真

  • “ビール売り子”熱視線に歓喜したおのののか (C)ORICON NewS inc.
  • 海外ドラマ『クイーン・メアリー』スペシャルガールズナイトに出席したおのののか (C)ORICON NewS inc.
  • 海外ドラマ『クイーン・メアリー』スペシャルガールズナイトに出席したおのののか (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス