• ホーム
  • 映画
  • 大竹しのぶ、結婚詐欺師役で鶴瓶と初共演 ベッドシーンも

大竹しのぶ、結婚詐欺師役で鶴瓶と初共演 ベッドシーンも

 女優の大竹しのぶ豊川悦司の共演で、直木賞作家・黒川博行氏の受賞後第1作『後妻業』が映画化されることが3日、わかった。共演には、永瀬正敏、尾野真千子、笑福亭鶴瓶ら個性派俳優が名を連ねる。主人公の結婚詐欺師役を演じる大竹は「気心の知れた素敵な豊川さんと思いっ切り“悪”を楽しみたいと思います。始めて芝居をする鶴瓶さんと、どんなことが起こるのか、すごーく楽しみで、ちょっと恐いです」。鶴瓶は大竹との共演に「大竹しのぶさんはよく知っているけれど初共演。ベッドシーンがあるようなんですが、それはお断りしたいと思っています(笑)」とコメントしている。

 同作は、資産を持つ独身男性に近づき、あらゆる手練手管で虜にして後妻に収まり、男性に多額の金品を貢がせる結婚詐欺師・小夜子が主人公。次々と老い先短い孤独な男たちを籠絡する小夜子の周囲で多発している行方不明者の存在を知り、調査を開始する探偵と、小夜子が務める結婚相談所所長、小夜子が本気で惚れてしまう優男らを巻き込む騒動が描かれる人間喜劇。2014年に実際に発覚した『筧千佐子・京都連続不審死事件』では、小説『後妻業』が事件の前に出版されていたことからテレビや新聞などで連日取り上げられ、“後妻業”が社会面を賑わせていた。

 同作では、小夜子役の大竹のほか、結婚相談所所長・柏木を豊川、小夜子と柏木を追い詰める探偵を永瀬、父を殺されたと疑い探偵に調査を依頼する中瀬朋美を尾野、小夜子のターゲットになる不動産屋の隠居・舟山喜春を鶴瓶、小夜子の息子・博司を風間俊介、朋美の父・中瀬耕造を津川雅彦、朋美の姉・西木尚子を長谷川京子、柏木の愛人・三好繭美を水川あさみ、小夜子と柏木の協力者・瀬川英子を余貴美子、そして被害にあったとされる小夜子の元夫たちを森本レオ、六平直政、伊武雅刀が演じる。

 監督・脚本は、ドラマ界で数々の賞を受賞し、社会派作品の名手と言われる鶴橋康夫監督が務める。映画監督作品は、『愛の流刑地』(2007年)、『源氏物語 千年の謎』(2011年)に次いで3作品目になる。今回の大竹と豊川の共演は『石内尋常高等小学校 花は散れども』(2008年)『一枚のハガキ』(2011年)に続き、本格的なタッグは4年ぶり3度目。大竹は「16年振りの鶴橋組なので、本当に楽しみにしていました。ワンカット撮るたびに『よーし、オーライ』と言ってくださる監督の声を聞くのは、役者としてこの上ない幸せです」。豊川は「あまりに底抜けな企画とキャストにワクワクドキドキ満載な気分です。鶴橋監督と大竹さんと手をとりあって、チャーミングなピカレスクロマンを創っていきたいと思います!」。

 鶴瓶は「僕のどこを見て、鶴橋監督がこの役をやらせたいと思ったのか……。大竹しのぶさんはよく知っているけれど初共演。豊川悦司さんは少しだけお会いしたことがあるけれどとてもおもしろい人。魅力的なおふたりとの共演もとても楽しみです。大竹さんとはベッドシーンがあるようなんですが、それはお断りしたいと思っています(笑)」。元夫である明石家さんまと旧知の仲だけに複雑な心境を吐露している。

 撮影は7月22日からスタートし、9月中旬までを予定。2016年1月完成、公開は2016年予定。



関連写真

  • 結婚詐欺師とダマされる男たちの人物相関図
  • 4年ぶり3度目の本格的なタッグになる大竹しのぶと豊川悦司

オリコントピックス