• ホーム
  • 芸能
  • 中河内雅貴、元合唱部員役でTBS連ドラ出演

中河内雅貴、元合唱部員役でTBS連ドラ出演

 多くの舞台に出演する俳優でダンサーの中河内雅貴(29)が、来月7日放送のTBS系連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(毎週金曜 後10:00)第4話に出演することが7月31日、わかった。同局が発表した。歌声自慢の若手が高校の合唱部員を演じる同ドラマで、中河内がその歌唱力を発揮する。

 中河内はこれまで、ミュージカル『BONNIE&CLYDE』『ザ・ビューティフル・ゲーム』、舞台『地獄のオルフェウス』などに出演した実力派。今回は、表参道高校合唱部顧問の鈴木有明(城田優)が教師人生の歯車を狂わせるきっかけとなったキーマン的存在の元合唱部員・小山田周二を演じる。

 「小山田周二という役は、本来の自分とはまったく違います。ですから、自分の中にあるものを出す、というよりは役者としての幅を広げさせてもらえる役だと思っています」という中河内。「僕、もうすぐ30歳になるんです。こんな歳で高校生役をやれて、みんなと一緒に歌を歌えるなんてありがたいなと思います」と照れながらも「ちゃんと高校生になっているところを見てほしいですね」と呼びかけている。

 第4話では、有明がかつての教え子である周二に訴えられてしまう。以前は合唱に強い情熱を持って指導を行い、周二もそんな有明を慕う一人だったが、“ある事件”のせいで周二は歌を失い、有明も合唱から離れてしまった。この事実を知った主人公・香川真琴(芳根京子)は、副顧問の瀬山えみり(神田沙也加)やクラスメートの夏目快人(志尊淳)の力を借りて真相を探ろうとするが…というストーリー。

 また「女々しくて」「サボテンの花」「学園天国」「夏の思い出」など家族そろって楽しめる人気曲、有名曲をオリジナルメドレーで届ける。



関連写真

  • ドラマ『表参道高校合唱部!』に出演する(左から)中河内雅貴と主演の芳根京子 (C)TBS
  • 第4話にゲスト出演する中河内雅貴 (C)TBS

オリコントピックス