• ホーム
  • 芸能
  • 『HERO』、前作102%スタート 興収80億円超えも視野

『HERO』、前作102%スタート 興収80億円超えも視野

 SMAPの木村拓哉が検事役で主演するドラマシリーズの劇場版第2弾、映画『HERO』が本日18日より公開初日を迎え、14時の対比で前作『HERO』(2007年9月8日公開、興行収入81.5億円)の102%を記録。最終の興行収入80億円超えを狙える大ヒットスタートをきったことがわかった。

 三連休初日となったこの日、全国443スクリーンで封切られた同作には、2001年にスタートしたテレビシーズン1からのファンを中心に、男女問わず20代から40代まで幅広い客層が劇場につめかけた。東京・お台場で行われた初日舞台あいさつには、木村、北川景子ほか城西支部メンバーが勢揃い。今作では検事となり8年ぶりにシリーズに復活した松たか子の姿は見られなかったが、その模様は全国167スクリーンで生中継され、キャスト陣の熱いメッセージによる熱気が全国各地にも拡散した。

 木村は「昨日までは、『HERO』は作り上げたキャスト、スタッフのものという自負がありましたが、今日をもって観客の皆様のものになります。どんな形でもかまわないので、皆様なりの楽しみ方をしてもらえたら嬉しいです。『HERO』がこのまま終わるのか? 続くのか? はお客様皆様次第だと思います。ワンカットワンカット積み上げて作った本編を楽しんでください!」とコメントしている。



オリコントピックス