• ホーム
  • 芸能
  • 清水富美加、24時間テレビドラマSPに出演「色んな人に見てもらいたい」

清水富美加、24時間テレビドラマSPに出演「色んな人に見てもらいたい」

 女優の清水富美加が8月22日に放送される日本テレビ系24時間テレビドラマスペシャル『母さん、俺は大丈夫』(後9:00頃)に出演することがわかった。物語の主人公で急性脳腫瘍となり壮絶な闘病生活を送るサッカー少年・佐々木諒平(Hey!Say!JUMP山田涼介)に片思いするクラスメイト・節川奈緒子を演じる。

 清水は「諒平くんは、強い上に優しさがある男の子だな、と思いました。私は健康な状態で過ごしていてもしっかりしていなくてわがままなので、尊敬せずにはいられないです」とコメント。「こんな風に病気と闘った男の子と家族がいるんだ、ということを色んな人に見てもらいたいです。自分が想いを寄せることによって、諒平くんの存在が色んな人にとって大きかったことを伝えれたらな、と思います」と意気込んだ。

 同作は、清水久美子氏の著書『サッカーボーイズ 明日への絆 君のためならがんばれる』(カンゼン刊)を原案に諒平とその家族の物語を描く。高校サッカー部の副キャプテンとなった矢先に急性脳腫瘍を発病してしまう諒平はピッチに戻ることを信じて、運命の中でベストを尽くす。そんな姿に感化された部員たちは、地区予選で奇跡の勝利をあげようと奮起する。

 諒平が所属する島根商業高校サッカー部の永田監督にV6井ノ原快彦のほか、諒平の親友である部員たちとして、すぐに“ヘタレ”る・有竹純太(ヘタレ)に間宮祥太朗、諒平の良きライバル・黒木徹(クロ)に坂口健太郎、流されやすく、気が弱い・大ノ内弘史(オッチ)・松川尚瑠輝が起用された。このほか、佐々木家のキャストとしてNEWSの増田貴久、下田翔大、赤井英和、安田成美らも出演する。

 24時間テレビ38『つなぐ 〜時を超えて笑顔を〜』は22日、23日にわたって放送。



オリコントピックス