• ホーム
  • 音楽
  • “髪バッサリ”蓮佛美沙子主演『37.5℃の涙』初回は7.2%

“髪バッサリ”蓮佛美沙子主演『37.5℃の涙』初回は7.2%

 女優・蓮佛美沙子(24)の民放連ドラ初主演作となるTBS系『37.5℃の涙』(毎週木曜 後9:00)初回が9日放送され、平均視聴率は7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回は15分拡大版で放送された。

 原作は椎名チカ氏の同名マンガ。蓮佛演じる杉崎桃子は保育園の先生だったが、うまく笑えないことがきっかけで契約を1年で打ち切られ、訪問型病児保育「リトルスノー」の病児保育士として再出発。仲間に支えられながら、仕事や恋、家族、友情に向き合い成長していく桃子の姿を描く。蓮佛は原作に合わせ、髪を35センチ以上切って臨む。

 桃子の上司・朝比奈元春を成宮寛貴(32)、シングルファーザーの篠原健介を速水もこみち(30)、上司・柳主税を藤木直人(42)、先輩保育士・関めぐみを水野美紀(41)が演じ、朝比奈と篠原は桃子をめぐって三角関係に。ほかに浅野温子(54)、水上剣星(31)、トリンドル玲奈(23)、鈴木梨央(10)、滝沢沙織(34)、西村和彦(48)らが出演する。

 初回は、桃子が「リトルスノー」の病児保育士として再出発し、初仕事としてシングルマザーの聡美(中越典子)宅で子どもの世話を任される。仕事に忙殺される聡美に代わり家事をする桃子だったが、聡美から「余計なこと」とクレームが。さらに、高熱を出した子どもを桃子は必死に看病するが…という展開だった。



オリコントピックス