• ホーム
  • 映画
  • “67歳”シュワちゃん、毎日トレーニング欠かさず「1時間半みっちり」

“67歳”シュワちゃん、毎日トレーニング欠かさず「1時間半みっちり」

 米俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー(67)が5日、都内で映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(10日公開)の来日記念合同取材に応じた。新旧ターミネーター対決などアクションシーンも話題となっているが、演じたシュワルツェネッガーは67歳の現在も「毎日トレーニングを欠かしたことがありません」といい、「皆さんは寝ていると思いますが、朝の5時半から1時間半みっちりトレーニングしています」と白い歯を見せた。

 かつてボディービルダーとして活動していたこともあるシュワルツェネッガーは、トレーニング関係の問いに「いい質問だね」と笑顔に。「今はどこのホテルにもジムがあるので、旅行をしていてもトレーニングができる」と饒舌になり、「撮影中にはウエイトを2倍の重さにした。(アラン・テイラー)監督からは『10ポンド増えてほしい』と言われたので、過酷なトレーニングをしたよ」と話していた。

 合同取材にはサラ・コナーを演じるエミリア・クラーク(28)も同席。同作でアクションシーンを演じるために肉体改造に挑んだというクラークは「トレーニングをやったおかげでエネルギーが湧いてきて撮影を乗り切ることができた。アーノルドに『いい仕事をしたね』って言われるのが目標でしたが、なんとか達成できたと思う」と撮影を振り返っていた。

 同作は、将来人類反乱軍を率いることになる男の母親、サラ・コナーを闇に葬るため、未来から送り込まれた殺りくマシンのターミネーターと、同型の古いターミネーターの直接対決を描く。



関連写真

  • 公開30周年『ターミネーター』シリーズ最新作を引っさげ来日したアーノルド・シュワルツェネッガー。日々のトレーニングの成果は一目瞭然(C)ORICON NewS inc.
  • ヒロインのサラ・コナーを演じるエミリア・クラーク (C)ORICON NewS inc.
  • アーノルド・シュワルツェネッガーとエミリア・クラークが映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(7月10日公開)をPR(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス