• ホーム
  • 芸能
  • 有村架純、連ドラ初主演作で潜水調査船のパイロット役「強くたくましく」

有村架純、連ドラ初主演作で潜水調査船のパイロット役「強くたくましく」

 女優の有村架純が、WOWOWの土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 海に降る』(10月放送予定)で、連続ドラマに初主演することがわかった。神秘的な深海の世界に挑む、海洋ロマンあふれるヒューマンドラマ。有人潜水調査船「しんかい6500」の日本人初となる女性パイロット役を演じる有村は「初めての連続ドラマの主演という大役をいただき、不安や戸惑いはありますが、男社会の厳しい環境の中で立っている深雪のように、私も甘えることなく、強くたくましく演じられたらと思います」と意気込みを語っている。

 「台本を初めて読んだとき、心臓がドキドキというよりもバクバクしました」と有村。同ドラマは、朱野帰子氏の同名小説(幻冬舎)を原作に、次世代海洋資源研究、深海・地殻内生命圏など、今注目を集めている“深海”への科学研究がテーマ。「その海洋研究が担っているのは、日本や世界の未来です。だからこの作品の背負っているテーマは、すごく大きなもので本当に身が引き締まりました」と話す。

 JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)の全面協力のもと、深度6500メートルまで潜ることができる潜水調査船「しんかい6500」に撮影クルーが搭乗し、沖縄本島近海、水深1500メートルでの撮影を敢行。1989年に完成して以来、初の試みとなった。

 有村は「このドラマを通して、未来を担っている機関、JAMSTECのことをたくさん知っていただきたい。“自分の夢”や“世界の未来”のような、まだ見ぬ先のみなさんの希望を、改めて見直す機会になってくれたらうれしい」とやり甲斐を語っていた。

 原作者の朱野氏は「実はドラマ化のお話をいただいたときから、(主人公の)深雪が有村架純さんだったらいいな…とだいそれた野望を抱いておりました。有村さんに決まったと伺ったときは心のなかでガッツポーズをとってしまいました」とキャスティングに太鼓判。

 演出を手がける山本剛義監督は、深海での撮影を「想像していたよりも多くの命がそこにありました。宇宙ならば宇宙服を着て船外に出られますが、深海では絶対に船外に出られない、決して触れることのできないゆえの“神々しさ”に圧倒されました」と報告。

 「今回は4Kで撮影しています。“深海と宇宙はつながっている”がこの作品の大きなテーマ。普段目にすることのない“深海の世界”をこの作品を通じて少しでも体感していただき、『しんかい6500』に関わる研究者、パイロット、運行チームの人間ドラマをうまく切り取っていきたいと思います」と話している。



関連写真

  • 有村架純、連続ドラマ初主演。土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 海に降る』(10月放送予)で潜水調査船の女性パイロット役に挑戦(C)WOWOW
  • 原作者・朱野帰子氏も有村の起用に太鼓判(C)WOWOW

オリコントピックス