• ホーム
  • 映画
  • 【オリコン】細田守監督『バケモノの子』がTOP10入り

【オリコン】細田守監督『バケモノの子』がTOP10入り

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 7/6付オリコン週間“本”ランキングの文庫部門で、数々のヒット作を手がける細田守監督の新作アニメーション映画の原作で、同氏が執筆した『バケモノの子』(6月20日発売)が、先週付の32位から9位(週間売上2.1万部)に急上昇した。

 7月11日の映画公開を目前にTOP10入りを果たした本作は、細田監督が自ら手がけた2作目の小説作品。映画は役所広司、宮崎あおいら豪華俳優陣が声優として名前を連ねる中、若手女優の注目株である広瀬すずが初声優を務めて注目を集めている。さらに、Mr.Childrenが主題歌に新曲「Starting Over」を提供していることでも話題を呼んでいる。

 同作のランキング登場2週目となる現時点での累積売上部数は2.7万部。細田氏の初小説で発売以来の総累積売上が44.6万部のヒットとなった『おおかみこどもの雨と雪』(2012年6月発売)が、同じく登場2週目(2012/7/9付)で記録した累積売上2.6万部とほぼ同ペースの滑り出しを見せており、映画公開と夏休み突入を追い風とした売上部数上昇、また『おおかみこども〜』を超えるヒットへの期待が高まる。

 なお同部門の1位は、アニメ化、ゲーム化もされた人気ライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の最新11巻(著:渡航、イラスト:ぽんかん(8)/6月24日発売)が獲得。今作の週間売上12.3万部は、2014/12/1付で10巻が記録した週間売上9.3万部を上回り、シリーズ最高週間売上となった。

 そのほか、BOOK(総合)部門では、7月16日に選考会が開催される「第153回芥川賞」のノミネート作品となった『火花』(又吉直樹/3月11日発売)が週間売上3.6万部で、2週連続、通算4度目の1位を獲得している。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店3131店舗(WEB通販含む)※2015年7月6日現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30



オリコントピックス