• ホーム
  • 映画
  • 箭内道彦氏、初監督作に手応えも「恥ずかしい」

箭内道彦氏、初監督作に手応えも「恥ずかしい」

 クリエイティブディレクター・箭内道彦氏、ロックバンド・BRAHMANのボーカル、TOSHI-LOWが6月30日、都内で行われた映画『ブラフマン』(7月4日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 箭内氏の初監督作となる同作は、今年で結成20周年を迎えるBRAHMANのメンバーに密着するほか、家族や友人たちの言葉も織り交ぜながら、彼らの「素顔」に迫る。作品が完成した瞬間を「恥ずかしい」と回顧した箭内氏だが「試写会をして『そんなにヒドイもんでもない』と話をもらって、ちょっとだけ自信がついたきょうこの頃」と手応え。

 続けて「BRAHMANが嫌いな人は少しは好きになると思うし、知らない人は何かを考えるきっかけになると思うし、好きな人はきのうよりも観たほうが好きになると思う」と笑顔でアピールしていた。

 この日、観客とともに同作を初鑑賞するTOSHI-LOWは「何もわからないままだけど、箭内さんが撮っていたカメラに詰まっているものは、自分たちとしては、何を切られても恥ずかしいものでもないし、隠すものではない」と上映を心待ちにすると、箭内氏も「(BRAHMANの)そのままを出してるよ。出し過ぎって言われたくらい」と自信満々に話した。



関連写真

  • 初監督作が完成した瞬間を「恥ずかしい」と回顧した箭内道彦氏(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブラフマン』の完成披露舞台あいさつに出席した(左から)箭内道彦氏、BRAHMANのボーカル・TOSHI-LOW
  • 映画『ブラフマン』の完成披露舞台あいさつに出席した(左から)箭内道彦氏、BRAHMANのボーカル・TOSHI-LOW

オリコントピックス