• ホーム
  • 芸能
  • 【まれ】土屋太鳳、大泉洋ら久しぶりの能登ロケに「ただいま!」

【まれ】土屋太鳳、大泉洋ら久しぶりの能登ロケに「ただいま!」

 NHKの連続テレビ小説『まれ』(月〜土 前8:00 総合ほか)に出演する女優の土屋太鳳、俳優の大泉洋らが28日、石川県珠洲市内の塩田で撮影中に取材に応じた。放送では、ヒロイン・津村希(土屋)が横浜へ出て、パティシエ修業を始めたところだが、今後、再び舞台は能登に戻り、物語が展開する。

 昨年10月に集中ロケを行なって以来となる能登再訪に、キャスト一同「ただいま!」という感慨を抱いた様子。土屋は「能登にはこれまでも、公開収録などで何度か来ていますが、『まれ』のロケで訪れるのは久しぶりで、懐かしさと安らぎで胸がいっぱいです」と話していた。

 取材会に出席したのは、土屋、希の父・徹役の大泉、母・藍子役の常盤貴子、弟・一徹役の葉山奨之、希の同級生・紺谷圭太役の山崎賢人、同・寺岡みのり役の門脇麦、同・角洋一郎役の高畑裕太、津村家に部屋を貸している桶作元治役の田中泯、桶作文役の田中裕子

 大泉は、「『能登はやさしや土までも』と言いますが、本当にやさしさを感じましたね。雨男のわりに今回は天気がいいので、気持ちよくロケをしています」と笑顔。地元の人たちから「藍子さん!」「希ちゃんのおかあさん!」と声をかけられた常盤は「本当にうれしく思っています」。葉山も「徹さんがしっかりしていないので、一徹がしっかりしなさい、と言われた」と明かしていた。

 抜群の演技力で劇中の“おいしいところ”を持って行く田中裕子は「いつも午前7時に輪島漁港で『まれ』のオープニングテーマが流れます。今日も、まだ寝たいのに。皆さん早起きなんですね。本当に地元の皆さんに応援していただいているなと思いながら、歌を聴きながらまた寝ました」とコメントし、ここでも笑いを誘っていた。

 今回の能登ロケの後もしばらく収録は続く。土屋は「現場は本当の家族といるみたいな感じで、ドラマの後半もしっかりみんなで『まれ』を生きていきたい」と、能登の空の下で気持ちを新たにしていた。



関連写真

  • 連続テレビ小説『まれ』能登ロケ実施中。(前列左から)大泉洋、常盤貴子、土屋太鳳、田中裕子、田中泯(後列左から)高畑裕太、山崎賢人、門脇麦、葉山奨之(C)NHK
  • 一部、ガッツポーズの別カット(C)NHK

オリコントピックス